M&Aのメリットとデメリットは?

M&Aのメリットとデメリットは?

M&Aは、買主サイドから見ると、規模の拡大のため、シェアの拡大のため、事業の多角化のため、弱い部門の強化のため、新規事業や市場への参入のため、他の地域への進出のため、川上または川下への進出のため、隣接業種への展開のため、事業統合のためなどに行われることが多く、売主サイドから見ると、後継者問題の解決のため、先行き不安の解決のため、創業者利益を得てハッピー・リタイアするため、将来ビジョンを開拓するため、シナジー効果により会社を発展させるため、グループ事業の再編のため、経営が不振な事業からの撤退のためなどを目的として実施されることが多く、近時、急速にそのすそ野が広がっています。

では、M&Aを行うことのメリットとデメリットは何なのでしょうか。

買主サイド

メリット

① 規模の拡大・シェアの拡大というメリット
M&Aにより売主会社の売り上げや取引先、経営資源を取り込むことができ、買主会社は規模の拡大を行うことができます。
流通大手のイオンは、ダイエーを買収し、子会社化することで、一気に業界シェアを伸ばすことができました。
流通業界では、現在でも、大手企業が中小以下の企業を次々と買収し、規模を拡大しています。
また、ドラッグ・ストアー業界においても、近年、業界再編が進み、当初、中小の店舗が主流であったにもかかわらず、現在においては、主要プレイヤーは数社に絞り込まれ、さらに寡占化が進行しそうな勢いです。
また、調剤薬局業界・医療介護業界・飲食店業界・食品業界もこの流れに沿って進んでいくものと思われます。

② 事業の多角化・隣接業種や異業種への進出というメリット
M&Aにより、今まで参入できていなかった市場や地域に参入することができたり、バリュー・チェーンの川上または川下へと事業を広げていったり、M&Aは、会社を大きくしていく上では非常に多くのメリットがあります。
楽天は、もともとネット小売り企業ですが、銀行・カード会社・旅行会社などの異業種を次々と買収し、業務範囲を広げてゆきました。
ライブドアーもそれを目指していました。
現在においても、多くのIT企業がITを基軸に関連する業種を次々と買収し、ITでのフルライン化を目指しています。

③ 弱い部門の強化というメリット
M&Aにより、対象会社の保有する優れた技術・ノウハウや優れた取引先などを取り込むことで、既存事業を強化することができ、M&Aは事業強化のためにも非常に多くのメリットがあります。
パナソニックは、もともと太陽電池や二次電池に強くありませんでしたが、三洋電機を買収し、太陽電池や二次電池を本体に取り込み、同事業部門を強化しました。
また、鉄道会社もその立地を生かして小売り事業を推進するべく、紀伊国屋スーパーや元町ユニオンなど特徴のある小売業者を買収し、小売り事業を強化しています。

④ 新規事業や市場への参入というメリット
新規事業には基本的にリスクがついてまわるものですが、既にその事業領域で実績を上げている企業を買収すれば、新規事業へのリスクを軽減できます。
一気に多岐にわたる事業展開を行えるのです。
HOYAも医療機器メーカーを買収し、内視鏡事業を強化しています。
本業が成熟化してきた企業は、積極的に、将来の優良事業の取り込みを目指しています。
また、現在においては、介護医療市場の急拡大に伴い、介護会社による医療法人の買収が多数行われています。

⑤ 事業成長に必要な時間を買う というメリット
M&Aは新規事業を一から立ち上げるのに比べて、一気に事業拡大に持っていけるという、時間を買うという側面があり、これが大きなメリットとなっています。
また、新規事業を立ち上げるには莫大なコストがかかりますし、また、従業員教育や取引先の開拓、企業組織に構築にも非常に難しく時間がかかりますので、M&Aをすれば短期間でこれらを取得でき、速やかな事業展開を実現することができます。

デメリット

① M&A前には一定のシナジーを想定して高値で買収したにも係わらず、想定通りのシナジーが発揮されないというデメリットが発生する可能性があります。

② 買収した会社から経営陣を送り込むことになると思いますが、経営陣ともともとの従業員との間で軋轢が生じ、会社が機能低下を起こすというデメリットが発生する可能性があります。

③ もともとは別の会社が一緒になるわけですから、それぞれの会社の企業組織や企業文化も大きく異なりますので、それを整合していくこと自体困難が伴うというデメリットが発生する可能性があります。

④ M&Aの後、重要な人材が退職したり、事前調査で判明していなかった問題が発覚するというデメリットが発生する可能性があります。

⑤ M&Aに巨額の資金を投下したにも係わらず、想定以下の利益しか出なかったり、従業員のモチベーションが下がり利益が低下するというデメリットが発生する可能性があります。

売主サイド

メリット

① 後継者問題の解決のためというメリット
近時、後継者問題が深刻化しています。
高齢だが未だ後継者がいない、健康問題が生じてしまいった、ご子息に事業を継ぐ意思または能力がない、ご子息に事業を任せるのは不安、ご子息に個人保証・巨額の債務を引き継がせたくない、そもそも子供がいない、従業員や役員の中に社長を引き継ぐような人材が育っていない、従業員に経営能力を持つ人材がいない、従業員に事業の責任を負わせたくない、従業員に会社を買い取る資金がない、従業員に個人保証・巨額の債務を負わせられない、などなど。
M&Aにより優良企業に会社を任せることにより、後継者問題を根本的に解決できます。
会社は社長様の人生の証です。
人生の通信簿だという人もいます。
優良企業に任せて、後顧の憂いなく、永久に輝き続けて行って欲しいと思います。
 
② 従業員の雇用を守るためというメリット
会社を清算すると苦楽を共にした従業員の雇用はどうなるのでしょうか。
経営者には従業員の雇用を守るという使命もあります。
苦楽を共にした従業員なのです。
優良企業に会社を任せることにより優良企業の下で従業員の雇用を守ることもできます。
雇用が守られる、安定するのです。
また、給与・賞与・福利厚生などの処遇が改善することもあるでしょう。
新たな経営者の下でキャリアのステップアップになることもあるでしょう。
苦楽を共にした従業員なのです。経営者は、彼らの人生にも責任があるのです。
 
③ 先行き不安の解決・将来ビジョンの開拓のためというメリット
少子高齢化が進んでおり市場が縮小することはあっても拡大することはありませんし、業界の競争が進んでおり、会社の将来が不安であるとしても、先行き不安が解消されることはありません。
社内には将来ビジョンの展望も描けない状態だと思います。
しかし、優良企業に売却することにより、新たな将来ビジョンの展望を描けると思いますし、経営者も先行き不安から解放されます。
 
④ 創業者利益を得てハッピー・リタイアするためというメリット
創業者は、M&Aにより会社を売却することで、事業の現金化を行うことができ、年金のみならず創業者利潤を得ることで、ハッピー・リタイアすることができます。
会社経営からは引退し、余生を自由に楽しみたい、自分の好きなことに専念したい、セカンドライフを満喫したい、などなど、ハッピー・リタイアを実現できるのです。
また、優良企業に会社を任せることで、適切な価格でM&Aをすることができます。
 
⑤ 経営が不振な事業からの撤退のためというメリット
不採算部門等を売却することで、経営者はコア事業に集中でき、本業の回復に経営資源を集中することができます。

デメリット

① 買主によって従業員の雇用や労働条件が変更されることになるというデメリットが発生する可能性があります。

② 従業員にとって、突然面識のない人が新社長に就任するというデメリットが発生する可能性があります。

③ 異なる企業文化の融合に相応の時間がかかるというデメリットが発生する可能性があります。

すなわち、具体的会社について、M&Aをすべきかどうか、M&Aをするとどのようなメリットが生ずるか、どのようなデメリットが生ずるかについて、これらの諸般の事情を考慮して、検討することが重要です。

M&Aに関するご相談は、M&A弁護士・M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

 

M&A会社売却をお迷いの経営者様

 

M&Aに関するご相談は、M&A弁護士・M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

お問い合わせ・無料法律相談 
Copyright(c) 2015 M&A総合法律事務所 All Rights Reserved. M&A専門弁護士が対応。表明保証、デューデリジェンス、契約書、仲介、買収、各種手続き等お任せください。
--------------------------------------------------->