M&A会社売却しやすい会社は?

M&A会社売却しやすい会社は?

売却がしやすい企業ということは、すなわち買い手のニーズがある企業ということになります。

まず、売上が安定している会社や、業績が成長している会社、借入金が少ないなど財務状況がよい会社は相手方から好まれるとともに、売却時に一定の金額が見込めるという利点があります。

売却は財務状況がよくない場合でも可能なこともありますが、その場合にはやはり購入金額が低くなることは避けられません。

次に、市場が拡大している業種や裾野を広く持つことによって事業拡大が可能な業種はより購入されやすいといえるでしょう。

オーナーが代表者である企業の場合は、代表者の手腕や、権限の大きさゆえに代表者が抜けてしまった結果として企業がうまく活動できないという可能性があります。

そのため、売却企業側としても、代表者の交代により業績等に影響を及ぼすことのないような組織を作ることにより、購入側が安心できる環境を整えておくことも、売却をより実現可能とする手段となります。

何より、購入側から信頼性をもってもらうことが売却をする際には大事なことです。

過度に価格が高いとか、相手方からの質問等に真摯な対応をしないということになれば、信頼を獲得することはできません。

購入側からの信頼性を得ることにより、企業の適切な価値を示すことが、何より売却を成立させる大きな要素となります。

M&A会社売却をお迷いの経営者様

 

M&Aに関するご相談は、M&A弁護士・M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

お問い合わせ・無料法律相談 
Copyright(c) 2015 M&A総合法律事務所 All Rights Reserved. M&A弁護士M&A総合法律事務所 デューデリジェンス(DD)、表明保証、契約書、仲介、買収、各種手続き等お任せください。