エステサロン・ネイルサロン・ヘアサロン経営者様に事業承継M&Aをお勧めする全理由

エステサロン・ネイルサロン・ヘアサロン経営者様に事業承継M&Aをお勧めする全理由

長年にわたり、地域の女性たちに愛される、ヘアサロン、ネイルサロン、エステサロンを経営してきたけれど、オーナーの高齢化、後継者不在などで、そろそろお店を閉めようかなと考えているオーナーは少なからずいらっしゃるのではないでしょうか。

そのような経営者にお勧めしたいのが、M&Aというビジネススキームです。

あなたが経営してきたお店を買いたいという方がいらっしゃるのです。

「こんな小さい店、買う人なんていないでしょ」

そんなことはありません。店の規模など関係なく今は、売り手市場なのです。

今回は、サロン経営の方のM&Aについてご説明していきます。

⇒M&Aトラブルでお困りの方はこちら!

1.本当にうちの店売れるの?

個人経営の美容院やエステサロンを買いたい人っているのでしょうか?

事業の売却となると、手続きとか面倒な気がする・・・。などお悩みはつきませんよね。

この項目では、自営のサロンをどうやって売却するのか?成功への秘訣をご説明していきます!

1-1. ネイルサロン、エステサロン、ヘアサロンの事業価値って?

「事業価値」と文字にしてしまうと、なんだか大げさな感じで、個人店で事業価値なんてどう表現すればいいのか?わからん!と思ってしまいます。しかし多くの女性客がリピーターとして通い続けた「サロン」というのは、大きな魅力を持っています。そのお店の魅力=事業価値だと思っていただきたいのです。

【お店の魅力って何だろう?】

ネイルサロン、エステサロン、ヘアサロンの魅力とは・・・

・店のオーナーのカリスマ性、高い技術力

・お店独自の美容メニュー

・通いやすい料金設定

・リラックスできるスタッフの対応

・立地条件(駅から違い、郊外の場合は広い駐車場があるなど)

・口コミ、紹介で顧客が多く存在する

などなど挙げてみればきりがありません。それだけサロン経営というのは、やりがいのあるものということです。言い換えれば価値が高い事業と言えます。

お店独自で工夫して、お客様に提供しているサービスをすべてがその店の強みであり、高い事業価値なのです。難しく考える必要はありません。長年経営してきているということは、それだけ価値のあるお店作りをしてきたということです。

1-2. 買い手先ってどうやって見つけるの?

事業価値があることは分かったけど、誰が買ってくれるの?どうやって見つければいいのでしょうか。

ネイル、エステ、美容室って技術力が必要ですから、誰でも経営できるわけじゃないでしょう?やっぱり同業者・・・?でも、できれば知り合いなどに、店を売りに出していること知られたくないと思ってしまいますよね。

オーナーが独自に自分で買い手を探すことも不可能ではないのですが、やっぱり美容業界というのも意外に狭い世界ですから、同業者同士で店の売却などの話をするとすぐに噂が広まってしまう危険性があります。

「あの店、売りに出ているらしいよ」

こんなうわさが出てくると、スタッフや顧客にも広まって余計な心配をかけてしまうかもしれません。

美容業界に強いM&A専門のアドバイザーを見つけて、相談してみることからお勧めします。

インターネットを駆使して匿名で買い手を探してくれますから、誰にも知られることなくM&Aが完了していきます。また、同じ美容業界の経営者だけでなく、他業種でも美容サロンを経営してみたいという経営者に売却することができます。ネットで買い手を探しますから、全国の経営者の中から熱意のある経営者に、大切な事業を引き継いでもらうこともできるのです。

1-3.M&Aはタイミングが大事?!

思い立ったが吉日という言葉がありますが、このM&Aにも言えることです。

M&Aは企業間の結婚と例えられるのですが、結婚もタイミングって重要ですよね。出会いもタイミング、結婚を決断するのもタイミングです。一度外してしまったタイミングを取り戻すことはとても難しいものです。M&Aでも第三者へ経営を引き継いでもらおうと決断したら、後はスピーディに行ってもらいたいのです。買い手が見つかったらなおさらです。せっかく買う気になって積極的になっていても、いつまでも決断せずにだらだらと引き伸ばしてしまっていたら、まとまるご縁を失うことにもなりかねません。

またM&Aを行う段階で、山場と言われる「デューデリジェンス:買収監査」という項目があります。これは資料を提出して説明していく必要がありますから、日常業務を行いながらの資料作りはとても大変です。日ごろからこのデューデリジェンスに向けて、決算資料、税務申告書、従業員のデータ、お店の賃貸借契約書などはすぐにわかるように手元にファイリングしておくことをお勧めいたします。

2.サロン経営者がM&Aを行う理由とは?

この項目では、経営者がM&Aを行う理由について3つご紹介していきます。

2-1.後継者がいない

何代かにわたり美容室を経営してきている方も多いのではないでしょうか。

子供が継ぐのが当たり前と思っていたけど、大学に行って、もうすでに違う仕事に就いている場合がありますよね。美容の仕事というのは、常に新しい知識を身に着ける必要がありますし、体力が必要な仕事です。子供に同じ苦労をさせたくないと違う進路を歩ませる美容サロンのオーナーが増えています。

自分の代でお店をたたもうかなと考えているのなら、少し待っていただきたいのです。

事業をたたむ、すなわち「廃業」というのも、かなり煩雑な手続きが必要です。

・営業許可証を返納する届け出申請

・銀行など借り入れの金融機関への事業資金返済

・美容器具など設備の売却、売却不可能なものは引き取りを依頼

・雇用しているスタッフの退職勧告と退職金の支払い、再就職先の斡旋など

・顧客などへの閉店の挨拶

ざっとあげただけでも5項目ありますが、実際に行えばこまごまとしたことが多数あると想定されます。その上、この項目にはすべて出費が伴いますので、廃業してしまったら手元に残るお金はほとんどないと思っておいた方が良いでしょう。

一方M&Aを選択した場合は、後述もしますが、事業を売却することで現金を手に入れることもできます。

様々な廃業手続きは必要なく、売却金額を受け取ることが可能なのです。また、新しい経営者に事業をひきつぐことで、従業員も顧客にも迷惑をかけることがありません。また後継者側からもお店を継がなければいけないというプレッシャーから解放されることになります。

2‐2.もっと事業を拡大したい

すでにネイルサロン、エステサロン、ヘアサロンを経営していて、二号店、三号店と店舗数を増やしたいと考えているオーナーにも、このM&Aは有効です。新しい店を出そうとしたら、店舗の賃貸借契約から従業員の新規採用、新しい美容器具の導入などあらゆる出費が伴いますが、M&Aで店舗を手に入れる場合ですと少ない資金ですみます。開業資金の節約だけでなく、出店にかかる時間も節約することができるのです。

すでに営業している店舗を買い取ることで、すぐに経営を始めることができるわけです。

2-3.現金を手に入れたい

2‐1でも少し触れましたが、事業を売却することで現金が入ってきます。

事業価値を高いと判断されればそれだけ売却金額も引きあがります。

廃業を選んでいては、手元に残る現金はかなり減ってしまうことになるので、いくばくかの現金は手に入れたいと考えるならば、M&Aを検討されることをお勧めします。

個人経営者には、サラリーマンのように退職金というものはないのですが、事業を売却して受け取った現金が経営者の退職金ということになります。長年経営してきたお店が売却できたということは、そのビジネスが成功したということです。受け取った現金をリタイア後の生活や、新しい事業への元手とすることもできます。

⇒M&Aトラブルを解決する方法を見る!

3.美容サロンに合うM&Aアドバイザーの選び方

個人経営のお店だから、専門のM&Aアドバイザーにお願いすることもないのでは?と思うかもしれません。お知り合いに買い取ってもらうのも一考ですが、ここではM&Aの経験があるアドバイザーに依頼するメリットについてご説明させていただきます。

3-1.そもそもM&Aとは?

M&A(エムアンドエー)とは『Mergers(合併)and Acquisitions(買収)』の略です。

買収と聞いてしまうと、買いたたかれるというイメージを持つ方は多いかもしれませんが、先程も申し上げましたが、お店が売れたということは、成功した証なのです。決して買いたたかれるものではありません。

最近のM&Aにおいてお店の規模、赤字経営であることなども関係なく、事業内容に魅力があり、またその事業と相性が良い企業が高額で買い取ることも多数あります。

かかわる人のすべてがハッピーになれるというところが、このM&Aの大きなメリットなのです。

3-2.サロン経営に強いアドバイザーの選び方

ネイルサロン、エステサロン、ヘアサロンと個人経営の方が多いと考えられます。

しかし買い手先は大手企業である場合もあるかもしれません。

大手企業となってくると特別なM&Aをチームで抱えていることがほとんどです。

M&Aというのは、買い手と売り手が対等に交渉できるところがメリットではあるのですが、買い手側はM&Aの経験も豊富なのに対して、売り手側はほとんどM&A未経験なことが多く見受けられます。

個人店のオーナーが単独で対応するには限界があると考えられるのです。

美容業界のM&Aに実績があるM&Aエージェントを見つける必要があります。

M&Aは交渉につぐ交渉となりますので、交渉のプロである弁護士に依頼されることがおすすめです。

M&Aに関しては成功報酬制をとっている弁護士は多数存在しますので、交渉過程で、弁護士に同席してもらい契約内容などに不利がないかどうかを確認してもらい対策をとってもらうことも可能です。

M&A専業のエージェントも存在しますが、個人経営の方こそ弁護士をM&Aアドバイザーに選定されることをお勧めします。各種届出などの煩雑な業務のサポートも一緒に行ってもらえます。

4. まとめ

今回は、美容サロン経営者の方がM&Aを行う理由についてご説明していき、M&Aというビジネススキームが経営者にとって有効な手段であることがお分かりいただけたと思います。

そしてM&A成功の秘訣は、どのようなアドバイザーを選定するかにかかっていると言っても過言ではありません。

大切に育ててきたお店を、スムーズに第三者へ経営を引き継いでもらうために、法律の専門家である弁護士のサポートしてもらってはいかがでしょうか。

⇒M&Aトラブルでお困りの方はこちら!

M&A総合法律事務所の強み

M&A総合法律事務所では、これまでに300件以上ものM&A案件・株式譲渡・合併・会社分割・株式交換・株式移転・事業譲渡・資本業務提携・グループ内組織再編案件を取り扱っており、M&Aに関する高い専門性と豊富な経験がございます。

また、M&A総合アドバイザーズには、M&A総合法律事務所・M&A総合会計事務所が併設されています。弁護士・公認会計士・税理士とも協働してM&Aに対応いたしますので、ここでも信頼と安心が違います。

介護業界のM&Aにおいても、非常に数多くの実績がございます。

お問い合わせ

M&Aに関するご相談は、M&Aの弁護士であるM&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。