兎に角、会社を買収したい!!

最近、「兎に角、会社を買収したい」というご相談をよく受けます。「業種は何でもよい」「どういう会社でも良い」とのことです。金額は「1~5億円くらい」が多いです。しかし、そのようなターゲットが明確でない買収希望であればある程、M&A案件をご紹介した後、「そうではなくって」「想定と違う」「これでは困る」などいろいろ注文が入り、結局、案件が成立しないことが多いです。おそらく、ある程度はターゲットが明確なのでしょう。しかし、それをM&A業者に伝えていないので、いつまでたってもターゲットが出てこないのです。それが分かっているので、多くのM&A仲介業者では、ターゲットが明確ではない買収希望会社は、相手にしないのではないでしょうか。

たいていは、非関連多角化ではなく、関連多角化を希望されているのでしょうから、ターゲットは明確になるはずです。

「兎に角、会社を買収したい」「業種は何でもよい」「どういう会社でも良い」などと言っていると、ターゲットが明確ではないのですから、M&A業者としては、どうせならということで、誰も見向きもしかなった引き取り手のないM&A案件ばかり持ち込んでくるでしょう。

⇒M&A会社売却をお悩みの方はこちら!