用語集:有限責任事業組合

有限責任事業組合とは

構成員全員が無限責任となる民法上の任意組合の特例であって、①構成員全員が有限責任であり、②損益や権限の分配を自由に決めることができ(内部自治の徹底)、かつ、③法人格を持たないため構成員課税(組織段階では課税されず出資者に直接課税される課税制度)の適用を受ける事業体をいう。有限責任事業組合契約に関する法律にもとづき、企業同士のジョイント・ベンチャーや専門的な能力を持つ人材の共同事業の振興を目的として創設された。

⇒「M&A用語集・留意点解説トップ」に戻る

⇒M&Aトラブルでお困りの方はこちら!

お問い合わせ・無料法律相談