木下ホールディングスによる小田急電鉄の保育事業の買収について

2015/08/07 木下工務店などを傘下に置く木下ホールディングス(HD、東京・新宿)が小田急電鉄の保育事業を買収するようです。小田急電鉄は東京都内と神奈川県内の沿線地域で認可保育所などを展開していたようですね。当事務所にも保育事業を買収したいという話がよく来るのですが、なにせ保育事業の売り案件がないなと思っていたところです。小田急電鉄などの鉄度奥各社は沿線サービスとしての不動産事業として保育事業を行っているのでしょう。しかし、やはり、保育園の運営はプロが経営した方がよいし、競争も激しくなってきたのでしょう。今後もこのように副業として保育事業を行っている会社が、専門の保育事業会社に事業を売却する流れは続くのではないでしょうか。これぞ、まさに「選択と集中」。当事務所はこのような事業価値を高めるM&Aに貢献すべく邁進いたします。

⇒M&Aの条件が悪くお困りの方はこちら!