株式譲渡承認請求は必ずしも譲渡人が行う必要はありません(譲受人も行うことができます)

株式譲渡承認請求は株主も株式取得者も行うことができますか?

会社に対する株式譲渡承認請求は、株主(譲渡人)のみならず、株式取得者(譲受人)から行うことも可能です。株式譲渡承認請求は必ずしも譲渡人が行う必要はありません(譲受人も行うことができます)。

すなわち、株主(譲渡人)は自ら会社に対して株式譲渡承認請求をして、承認拒否時に、会社に対して株式買取請求をし、株価交渉や株価交渉決裂時の株価決定申立手続きを行う必要はなく、まず、株式取得者(譲受人)に対して株式譲渡を行ったのち、株式取得者(譲受人)が会社に対して株式譲渡承認請求をして、承認拒否時に、会社に対して株式買取請求をし、株価交渉や株価交渉決裂時の株価決定申立手続きを行うということも可能なのです。

ですので、株主(譲渡人)としては、自ら、会社に対して、株式譲渡承認請求を行って、会社との間でトラブルになるのは嫌だな、と思っている場合は、株式取得者(譲受人)に会社に対する株式譲渡承認請求を行ってもらえばよいのです。

⇒非上場株式・譲渡制限株式・少数株式でお困りの方はこちら!