用語集:株式買取請求権

「株式買取請求権」とは

会社が合併、会社分割、株式移転、株式交換、事業譲渡などの、組織再編行為等を行う場合、これに反対する株主(少数株主や同族株主など)が、当該会社に対し、その保有する株式を買い取ることを請求できる会社法上の権利をいう。

当該株式の買取価格については、まずは、会社と反対株主との任意の交渉で決めることとなるが、任意の交渉で合意に至らない場合も多く、そのような場合には、両者いずれからも裁判所に対して、株式買取価格の決定を申立てることができる(「株式買取価格決定」申立)。

裁判所は、株式買取価格決定が申立てられた場合、裁判所は諸般の事情を総合して株式の適正価格を決定します。

近年、同制度は少数株主保護の手段として機能しており、裁判所への申立件数も急増している。

その他、譲渡制限株式について、会社が株式の譲渡を承認せず、自己または指定買取人が株式を買い取ることとなった場合に、裁判所へ申立をすることができる「株式売買価格決定」申立や、全部取得条項付種類株式の「株式取得価格決定」申立や、株式合併の際の端数株式の株式売却許可手続きにおける「株式価格決定」制度などとは別の制度である。

⇒非上場株式・譲渡制限株式・少数株式でお困りの方はこちら!

⇒「M&A用語集・留意点解説トップ」に戻る

お問い合わせ・無料法律相談