用語集:清算価値保障原則

清算価値保障原則とは

民事再生手続き、会社更生手続きにおいては、再生計画または更生計画において、すべての債権者に対し破産手続による配当率を上回る配当を行うことが必要であり、これを清算価値保障原則という。清算価値保障原則を満たさない再生計画または更生計画は、仮に多数の債権者の賛成を得た場合であっても、裁判所が認可しないため、任意整理か破産手続きをすることとなる。

⇒「用語集:M&A用語解説トップ」に戻る

お問い合わせ   

この記事に関連するお問い合わせは、弁護士法人M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

    ■対象金額目安

    ■弁護士相談料【必須】

    ■アンケート

    >お気軽にお問い合わせください!!

    お気軽にお問い合わせください!!

    M&A相談・株式譲渡契約書・事業譲渡契約書・会社分割契約書・デューデリジェンスDD・表明保証違反・損害賠償請求・M&A裁判訴訟紛争トラブル対応に特化した弁護士法人M&A総合法律事務所が、全力でご協力いたします!!

    CTR IMG