用語集・留意点:相続財産管理の際の注意点

相続財産管理の際の注意点

被相続人の死亡後、預金の管理など、何に費消したか分からない金銭がある場合、使途不明金となりますが、相続人間で相続財産管理を行っていた相続人が自己費消したのではないかと、争いになることがよくあります。このような争いを防ぐため、被相続人のために使った金銭については、必ず領収証を保存し、家計簿をつけておくことが必要です。

⇒「用語集:M&A用語解説トップ」に戻る

お問い合わせ

この記事に関連するお問い合わせは、弁護士法人M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

     

    お問い合わせ・無料法律相談