用語集:競業避止義務

競業避止義務とは

労働者が、自己または第三者のために使用者の営業と競争的な行為をしてはならないとする義務をいい、労働者は、その在職中に、使用者の利益に著しく反する競業行為を差し控える義務がある。契約終了後においては、原則として義務は生じないが、就業規則や個別の合意等により競業避止義務を負うことがある。

⇒「M&A用語集・留意点解説トップ」に戻る

⇒M&Aの条件を改善する方法を見る!

お問い合わせ・無料法律相談