用語集:競業避止義務

競業避止義務とは

労働者が、自己または第三者のために使用者の営業と競争的な行為をしてはならないとする義務をいい、労働者は、その在職中に、使用者の利益に著しく反する競業行為を差し控える義務がある。契約終了後においては、原則として義務は生じないが、就業規則や個別の合意等により競業避止義務を負うことがある。

⇒「M&A用語集・留意点解説トップ」に戻る

⇒M&Aの条件を改善する方法を見る!

お問い合わせ   

この記事に関連するお問い合わせは、弁護士法人M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

    ■対象金額目安

    ■弁護士相談料【必須】

    ■アンケート

    >お気軽にお問い合わせください!!

    お気軽にお問い合わせください!!

    M&A相談・株式譲渡契約書・事業譲渡契約書・会社分割契約書・デューデリジェンスDD・表明保証違反・損害賠償請求・M&A裁判訴訟紛争トラブル対応に特化した弁護士法人M&A総合法律事務所が、全力でご協力いたします!!

    CTR IMG