用語集・留意点:遺産分割調停

遺産分割調停とは

相続人間において遺産分割の協議が纏まらない場合は、裁判所に遺産分割調停を申し立てることをお勧めします。遺産分割調停では、調停委員(2名)が、相続人間での話し合いを仲介・調整します。多くの場合、調停委員のうち1名は第三者である弁護士です。遺産分割調停では、相続人のうち誰にどのような法的権利があるのかを基準に話が進みます。裁判ではありませんが、裁判と同様、法律で認められる権利義務が基準となって手続きが進みます。最近では、遺産分割調停について弁護士に代理を依頼することも多くなっています。

⇒「用語集:M&A用語解説トップ」に戻る

お問い合わせ   

この記事に関連するお問い合わせは、弁護士法人M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

    ■対象金額目安

    ■弁護士相談料【必須】

    ■アンケート

    >お気軽にお問い合わせください!!

    お気軽にお問い合わせください!!

    M&A相談・株式譲渡契約書・事業譲渡契約書・会社分割契約書・デューデリジェンスDD・表明保証違反・損害賠償請求・M&A裁判訴訟紛争トラブル対応に特化した弁護士法人M&A総合法律事務所が、全力でご協力いたします!!

    CTR IMG