遺贈

遺贈(いぞう)

遺贈とは遺言書を使って財産を相続人以外の第三者に贈ることをいいます。遺贈には包括遺贈と特定遺贈というふたつの種類があります。

包括遺贈とは贈る財産を指定せず行う遺贈です。たとえば「遺産の2分の1をAに贈る」という場合は割合だけ指定して贈る財産は指定していません。よって、包括遺贈になります。

特定遺贈とは財産を指定して行う遺贈です。「預金1,000万円をAに贈る」という場合は遺産の中から「預金1,000万円」と財産を指定しているわけですから、特定遺贈になります。

⇒遺留分をしっかり請求する方法を見る!

⇒遺産分割協議でお困りの方はこちら!

⇒相続財産を使い込まれてお困りの方はこちら!

⇒相続放棄を急いで行わなければならない方はこちら!

お問い合わせ   

この記事に関連するお問い合わせは、弁護士法人M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

    ■対象金額目安

    ■弁護士相談料【必須】

    ■アンケート

    >お気軽にお問い合わせください!!

    お気軽にお問い合わせください!!

    M&A相談・株式譲渡契約書・事業譲渡契約書・会社分割契約書・デューデリジェンスDD・表明保証違反・損害賠償請求・M&A裁判訴訟紛争トラブル対応に特化した弁護士法人M&A総合法律事務所が、全力でご協力いたします!!

    CTR IMG