用語集:雇い止め

雇い止めとは

雇止めとは、期間の定めのある労働契約において、期間満了を理由に労働契約を終了させることをいう。労働者の利益を保護するために判例においていわゆる雇止め法理が用いられていたが、反復更新により実質的に期間の定めのない労働契約と同視できる場合または契約更新につき合理的な期待が認め有られる場合、更新拒否については客観的に合理的で社会通念上相当な理由が必要となる旨が法律上規定された。

⇒「用語集:M&A用語解説トップ」に戻る

⇒M&Aトラブルでお困りの方はこちら!

お問い合わせ

この記事に関連するお問い合わせは、弁護士法人M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

    対象金額目安【必須】

    弁護士相談料【必須】

    アンケート【必須】

     

    お問い合わせ・無料法律相談