M&A契約書に署名する前に「読み聞かせ」をしてもらいましたか?

近時、M&Aトラブルの相談が増えていますが、M&A仲介業者とその顧客(M&Aの売主や買主)のトラブルも増えています。そういうものの多くは、M&A契約書さえ、顧客にしっかり読み合わせするなど、手を抜かずによく説明しておけばトラブルにならなかったのにと思う件が多くあります。M&Aの当事者である売主又は買主としても、M&Aは一生に一度あるかないかのことですので、よくわからないまま進めてしまうのですね。ですので、M&Aが終わって問題が発生した時点で、M&Aの最中にM&A仲介業者がしっかり説明してくれなかったのが原因だとか、M&A仲介業者に騙されたとか、いうこととなり、トラブルに発展するのです。売主も買主も、ほとんどM&A契約書を読んでないですよね。なぜこんな条件が入っているのだ、なぜこういう契約書になったのだ!ということでトラブルになるケースも多くあります。

⇒M&Aトラブルでお困りの方はこちら!

お問い合わせ・無料法律相談