M&A買収した対象会社の社員が顧客を連れて退職した場合 

M&Aで買収した対象会社の社員が顧客を連れて退職した場合、売主に対して損害賠償を請求することができるでしょうか。

特に、商社や介護会社、ヘルスケア業界などにおいては、特定の担当者と顧客が繋がっていることが多く、特定の担当者が同業他社に転職してしまうと、顧客も一緒に移動してしまうことが多く存在します。その場合、買収対象会社の売上がその分減少してしまい、当事務所が経験した件では、社員が1人退職してしまっただけで、対象会社が赤字になってしまったとか、業績下方修正に追い込まれたとかの事例もあります。

このような場合、売主に対して損害賠償請求をすることが考えられます。

お問い合わせ   

この記事に関連するお問い合わせは、弁護士法人M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

    ■対象金額目安

    ■弁護士相談料【必須】

    ■アンケート

    >お気軽にお問い合わせください!!

    お気軽にお問い合わせください!!

    M&A相談・株式譲渡契約書・事業譲渡契約書・会社分割契約書・デューデリジェンスDD・表明保証違反・損害賠償請求・M&A裁判訴訟紛争トラブル対応に特化した弁護士法人M&A総合法律事務所が、全力でご協力いたします!!

    CTR IMG