SEARCH

「退職慰労金」の検索結果65件

  • 2021年10月15日
  • 2021年11月22日

非上場株式の売り方(売却の仕方)を教えてください!

非上場株式の売り方(売却の仕方)ですが、株式には、「上場株式」と「非上場株式」があります。 非上場株式を保有している方は、まずその現実に困惑するかと思われます。 上場株式とは、その名の通り日本の証券市場に上場している会社の株式であり、反対に非上場株式 […]

  • 2021年10月13日
  • 2021年10月31日

home_next

ごあいさつ 弁護士法人M&A総合法律事務所では、Clientの皆様の状況を「大逆転」させることを目標に仕事をしています。 ヒットは要りません。ホームランを狙いましょう。 目先の対応のみではなく、大局的かつ全体的に考え何が最も問題解決に資するのかを考え […]

  • 2020年12月3日
  • 2021年11月10日

联系我们

법률 상담 예약은, 전화(03-6435-8418) 또는 문의 폼을 통해 가능하므로 부담 없이 연락해 주십시오. 일본 최대 법률사무소 출신 변호사이므로 안심하실 수 있습니다. 전화나 메일(SKYPE 회의나 ZOOM 회의 등의 […]

  • 2020年12月3日
  • 2021年11月10日

聯繫我們

關於法律諮詢預約,請隨時透過電話(03-6435-8418)或諮詢表與我們聯繫。本事務所的律師是出自於前日本最大法律事務所的律師,因此敬請放心。我們接受以電話或電子郵件(也可透過SKYPE會議及ZOOM會議等視訊會議)的諮詢預約,因此若您有任何諮詢事 […]

  • 2020年12月3日
  • 2021年11月10日

联系我们

关于法律咨询预约,请随时通过电话(03-6435-8418)或咨询表与我们联系。本事务所的律师是出自于前日本最大法律事务所的律师,因此敬请放心。我们接受以电话或电子邮件(也可通过SKYPE会议及ZOOM会议等视频会议)的咨询预约,因此若您有任何咨询事 […]

  • 2020年7月16日
  • 2021年10月4日

事業承継における株価対策!

事業承継が行われる際に、経営者の保有株式を後継者に株式譲渡することが一般的ですが、いざその株式譲渡の時になって、保有株式の価値が巨額になっており、巨額の相続税や贈与税が発生したり、後継者が巨額の株式買い取り資金を用意する必要に迫られ、事業承継がスムー […]

  • 2020年7月16日
  • 2021年10月26日

よくある事業承継のパターンのポイントとメリット・デメリット!

近時、経営者の高齢化が急速に進み、事業承継が行われることが増加しています。よくある事業承継のパターンとしては、1.親族内承継 2.親族外承継 3.M&A会社売却に大きく分けられますが、今回の記事では、これら1.親族内承継 2.親族外承継 3.M&A会 […]

  • 2020年3月5日
  • 2021年10月4日

退職所得の所得税!

1. 退職金とは 退職金とは、役員や労働者が勤務先を退職金した際に退職した役員や労働者に対し支払われるもので、退職手当や退職慰労金などとも呼ばれます。 2. 退職金にかかる税率 国税庁のHPには、控除についてわかり易い表が掲載されています。 < […]

  • 2020年2月18日
  • 2021年10月4日

M&Aで表明保証に反する事実を知っていたら売主に損害賠償請求できません!

M&Aで表明保証に反する事実を知っていたら売主に損害賠償請求できないことをご存じですか?ここでは、M&Aで表明保証に反する事実を知っていたら売主に損害賠償請求できないとする裁判例であるアルコ事件について、徹底解説します。 【1】アルコ事件の概要 原告 […]

  • 2020年2月11日
  • 2021年10月22日

取締役の競業避止義務!

取締役はその在任中に「競業避止義務」が課せられています。 当該取締役が競業にあたる取引や事業立ち上げを望んでいる場合、取締役会の承認を得るか、あるいは自身が退任するかの2択となります。 会社と取締役の双方が注意したいのは、後者の「退任時」です。退任後 […]

  • 2020年2月11日
  • 2021年10月26日

不当解任されたら残存任期役員報酬損害賠償請求できます!

会社の取締役は、任期途中で正当な理由なく解任されたとしても、会社法に基づいて残りの任期分の役員報酬を損害賠償請求することができます。 ではどのように残りの任期分の役員報酬を損害賠償請求すればよいのでしょうか。 今回は、強制辞任の場合の残存任期役員報酬 […]

  • 2020年2月11日
  • 2021年10月26日

強制辞任させられた場合の残存任期役員報酬損害賠償請求の可否

会社の取締役は、任期途中で正当な理由なく解任されたとしても、会社法に基づいて残りの任期分の役員報酬を損害賠償請求することができます。 これに対して、強制的に辞任届を書かされて会社を辞めた場合は、会社法によると残りの任期分の役員報酬を損害賠償請求はでき […]

  • 2020年2月2日
  • 2021年10月22日

役員の任期変更による強制退任の場合も残存任期役員報酬損害賠償請求をすることができます!

会社が役員の任期変更を行い否応なく強制退任になってしまった 取締役などを解任すると、解任取締役から残存任期の役員報酬の損害賠償を請求されるリスクがあります。会社側としては、損害賠償請求による金銭的な痛手や風評を回避したいという気持ちがあることでしょう […]

  • 2020年1月16日
  • 2021年10月4日

特別利害関係人の取締役会決議からの排除!

決議事項について自社または相手方会社と何らかの利害関係を有している取締役は、取締役会に参加することが出来ません。このように、利害関係が理由で決議から排除される取締役を「特別利害関係人」と呼びます。 特別利害関係人が参加できない決議事項とは、具体的にど […]

  • 2019年12月28日
  • 2021年10月4日

M&Aにおける役員退職慰労金の支給!

M&Aと役員退職慰労金 株式譲渡によって企業買収を実行しようとするケースでは、現経営者が手にする売却対価の一部を「役員退職慰労金」とする節税手法が多く用いられています。 本手法でメリットが得られるのは、売主の課税関係だけではありません。売却対象となる […]

  • 2019年11月16日
  • 2021年10月4日

事業譲渡によるM&Aのメリット・デメリットと手続きや契約書!

後継者問題などで事業譲渡を検討しているため、メリット・デメリットと実際の流れなどを押さえておきたい方もいらっしゃるのではないでしょうか。 この記事では、売り手・買い手の各立場からみた事業譲渡のメリット及びデメリット、必要な手続きの流れ、最も大切な契約 […]

  • 2019年11月10日
  • 2021年10月13日

中小企業M&Aのトラブルの原因と類型!

M&A総合法律事務所には、日々、M&Aトラブルに関する相談が寄せられており、2年ほど前から、M&Aトラブルに関する相談は増加し続けています。 2年ほど前と言えば、M&Aがブーム化し、M&Aに経験が薄くかつM&Aに素人の買主やM&A仲介業者や関係者が非 […]