破産手続きの流れ!

破産手続きについては、まずは、会社の財産状態等について確認し、会社をどう処理すべきか、事業を継続するべきか否か、破産(倒産)をすることが最善であるのか、破産(倒産)にすべきなのか、破産(倒産)にすることができるのかにつき、徹底して、諸般の事情を考慮して、検討することが重要です。

破産(倒産)手続きの流れ

破産(倒産)手続きを選択することとなりましたら、破産(倒産)手続きを行うための委任契約を結ばせていただくこととなります。

契約締結後に、弁護士から受任通知を債権者に対して送付することで、債権者からの取立てを停止させることができます(なお、債権者により留置権その他の担保権の行使がされるなどして会社の財産が逸失してしまう可能性がある場合には、債権者に対して受任通知をせずに、破産(倒産)申立てをする場合もあります)。

委任契約が結ばれた後、代理人においては申立書類を作成していくこととなります。
特に債権者一覧や財産状況については正確に記載する必要がありますので、適宜資料の提出や追加、調査等をお願いすることがあります。
また、申立て書類の作成と並行をして、従業員の解雇等の残務処理を行うことになります。

申立書類が揃い、会社の事前処理が済んだところで、裁判所に対し破産(倒産)申立てを行うこととなります。
手続きをスムーズに進めるため、提出書類については綿密に打ち合わせを行い、細かくチェックをして、申立てをする必要があります。

破産(倒産)申立てをして、裁判所が手続きをすべきであると判断すると、裁判所により破産開始決定がなされ、破産管財人が選任されます(破産管財人は裁判所に代わって破産手続きを実施する弁護士であり、破産管財人には裁判所に管財人として登録している弁護士から利害関係を有しない者が選任されることになります)。

破産(倒産)申立て以後は、破産管財人が会社の財産を全て管理・処分をする権限を有することになり、勝手に会社財産の処分をすることはできなくなります。
破産管財人により財産調査、財産の換価処分がされることになります。
また申立者としては、破産管財人からの問い合わせや指示があった事項については、速やかに対応をすることが必要です。

破産管財人が行った財産調査や財産の換価処分の結果は、裁判官が同席する債権者集会において債権者に対して報告されることとなります。
最終的に、会社に配当財産がある場合には、債権者への配当が実施され、破産手続きは終了することとなります。

相談

破産手続き・民事再生手続きの流れ

委任契約締結

破産手続き・民事再生手続きの流れ

(債権者に対し受任通知発送)

破産手続き・民事再生手続きの流れ

申立書類の作成・会社財産の保全・残務処理

破産手続き・民事再生手続きの流れ

裁判所に破産申立て

破産手続き・民事再生手続きの流れ

裁判所による破産開始決定・破産管財人の選任

破産手続き・民事再生手続きの流れ

破産管財人による財産調査・財産の換価処分等

破産手続き・民事再生手続きの流れ

債権者集会(1回の場合もありますし複数回の場合もあります)

破産手続き・民事再生手続きの流れ

(債権者への配当)

破産手続き・民事再生手続きの流れ

手続き終結(廃止決定)

 

すなわち、破産(倒産)手続きの特徴及び流れを踏まえ、どの手続きが最善か、これらの諸般の事情を考慮して、検討することが重要です。

⇒法人破産・資金繰り改善・企業再建する方法を見る!

関連記事

破産・民事再生関連記事

お問い合わせ

この記事に関連するお問い合わせは、弁護士法人M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

    対象金額目安【必須】

    弁護士相談料【必須】

    アンケート【必須】

     

    お問い合わせ・無料法律相談