インターネット風評被害・掲載の削除

インターネット風評被害・削除について

インターネットが普及した現在、自分が知らぬ間に、個人の氏名、住所、電話番号などが掲載されてしまうという事態が生じたり、誹謗中傷など違法な書き込みをされたりして、トラブルに巻き込まれるというケースが発生しています。

インターネットは匿名性が高く、誹謗中傷をされて名誉を毀損されたり、プライバシーを侵害する個人情報等が掲載されても、発信者が誰か分からないことも多く、被害者が相手方を特定して削除をさせたり、直接損害賠償を請求したりすることは極めて困難です。

そこで被害者は、プロバイダやサーバーの管理者や運営者等に対して、違法な書き込みや個人情報を侵害する書き込み等を削除するよう依頼したり、発信者の情報の開示を請求したりすることができます。

トラブルに巻き込まれないためにはできる限り早期に対応をする必要があるでしょう。

削除要請をするに当たっては、権利侵害をされている事実を明らかにできるように、書き込みをプリントアウトしたり、スクリーンショットで保存したり、撮影をしたりするなどして内容を保存する必要があります。

なお、その際に、URLが分からなければどこのページで実際に侵害がされているのかわからず、証拠の価値がなくなると考えられるので、必ずURLが明確になる状態で保存をすることが必要です。

削除要請に当たっては、まずサイトやページの管理者等に対し、連絡をすることが考えられます。

この際に、個人で要請を行う場合には、一定の情報を相手方に知らせる必要があるため、情報を伝えることに抵抗がある場合があるかと存じます。

自らの個人情報を秘匿したい場合はもちろん、弁護士名で依頼をすることにより、一定の効果を得られる場合がありますので、状況に応じて早期に弁護士に依頼をするということもご検討いただくことをお勧めいたします。

該当サイト上に管理者宛てへの連絡ができない場合や、応答がない場合には、掲示板等の運営会社やホスティングプロバイダを調べて「送信防止措置依頼書」を送付することとなります。

この場合にも、弁護士名で送付をすることにより、効果を得られる可能性が高くなることとなります。

上記の対応をとってもなお、削除がされない場合には、警察署や法務局人権擁護課などに相談して対応方法を検討するという方法や、裁判所に対し、削除の仮処分命令の申立てを行うという方法があります。

仮処分決定が裁判所から出されれば、決定書を提示して削除要請を行うことになります。

相手方にとっては、弁護士名での通知等の方がインパクトがあることや、情報開示を受けられた場合に損害賠償等を検討されるのであれば、早期に弁護士に相談をいただき、全体的なサポートを受けることをお勧めいたします。

⇒ネット投稿誹謗中傷を削除する方法を見る!

関連記事

ネット誹謗中傷投稿削除に関する記事

ネット書き込み削除の仮処分の流れとメリット!

 LINEでの脅迫罪の成否及びLINEの相手の特定方法!

ネット投稿をすぐ削除してもらうには?犯人特定のやり方も!

ネット犯罪者の身元特定方法は?!

個人情報流出事故への対応方法について!

ネット誹謗中傷者の個人情報の開示が容易になる!!

ネット誹謗中傷・風評被害の削除請求と発信者情報開示請求のメリットと手続について!

インターネット発信者の特定について

インターネット書き込み削除について

インターネット風評被害・掲載の削除

お問い合わせ

この記事に関連するお問い合わせは、弁護士法人M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

    対象金額目安【必須】

    弁護士相談料【必須】

    アンケート【必須】

     


    お問い合わせ・無料法律相談