ZoomやSkypeでのネット相談、
電話相談も承っております!

エグゼクティブ、働くビジネスマン、キャリアウーマンのための

不倫・浮気・離婚・男女関係!弁護士が慰謝料請求を大幅減額いたします!

まずはお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させて頂きます。

お電話でのお申込み・お問い合わせはこちら

03-6435-8418

電話をかける

受付時間 8:00-24:00(土日祝含む)

フォームからのお申込み・お問い合わせはこちら

慰謝料を請求されてしまった方は
こちら
慰謝料を請求したい方は
こちら

慰謝料を請求されてしまった!

このようなお悩みは、
一人で悩まずに
当弁護士法人

ご相談ください!

浮気不倫の慰謝料請求について
弁護士があなたのお悩みを解決するために
誠心誠意対応させて頂きます。

弁護士に依頼するメリット

  • 精神的ストレスを軽減できます!

    弁護士が代理人として交渉を行いますので、ご依頼者様の精神的・肉体的負担が軽減されます。また、家族や職場にバレずに交渉を進めることも可能です。
    中には昼夜を問わず電話などをしてくる相手方もいますので、そのような場合も弁護士であれば連絡を止めることができます。

  • 慰謝料の大幅減額が期待できます!

    相手方の求めている金額をそのまま支払うことは得策ではありません。弁護士が介入することで慰謝料の大幅な減額が期待できます。慰謝料の金額はさまざまな要因によって変動します。多くの場合、相手から過剰な慰謝料を請求されており、大幅な減額が期待できます。

  • 弁護士がアドバイスをさせて頂きます!

    相手方に対する対処法などを弁護士がアドバイスさせて頂きます。訴訟へ至った場合の事も想定して弁護士のアドバイス通りに対処頂くことで、訴訟の際にも有利に働きます。弁護士は慰謝料を可能な限り減額できるよう、そしてトラブルが大きくならないよう、ご依頼者様のご意向に沿って動きます。慰謝料の金額についても話し合ったのに書面に残しておかなかったり、法的に意味のない書面であったりするケースもあります。
    このような後々のトラブルを未然に防げるよう、弁護士がアドバイスをさせて頂きます。

  • 弁護士だけが代理人になれる

    「代理」は本人に代わって法律行為を行う行為で、弁護士のみが「代理人」となることができます。 行政書士や探偵事務所、カウンセラーなどは法律上、ご依頼者様の「代理人」にはなれません。

    代理人はご依頼者の窓口となるだけでなく、ご依頼者様に代わっての裁判への出廷なども可能です。
    示談交渉が決裂して残念ながら訴訟となった場合でも、弁護士が「代理人」として裁判所へ出廷し、裁判所に提出する訴状や準備書面も全て弁護士が作成・提出させて頂きます。

    行政書士や探偵事務所などに慰謝料問題を相談した場合、結局はご自分で対応しなければならない事が多く、ご負担があまり軽減されません。

解決事例

  • 01

    Aさんは(30代/女性/未婚)は、会社の同僚であるBさん(30代/男性/既婚)と不倫関係となりましたが、Bさんの妻に不倫がバレてしまい、400万円の慰謝料を請求されました。

    事実関係を整理し、適切な反論を行うことで大幅な減額に成功しました。

  • 02

    Aさんは(20代/女性/未婚)は、出会い系アプリで知り合ったBさん(30代/男性/既婚)と不倫関係となりました。2年の不倫関係を経て、Bさんの妻に不倫関係がバレてしまい、500万円の慰謝料を請求されてしまいました。

    Bさんは自身が既婚者であることを隠してAさんに交際を申し込み、そのまま事実を隠して交際を続けました。Aさんは、Bさんが既婚者であることを知ることが難しかったという点を主張し、慰謝料を0円に減額することに成功しました。

解決までの流れ

慰謝料減額サービスの
弁護士費用

  • 基本費用

    22万円(税込)

    契約書を締結した際、基本費用が発生します。基本費用については、ご契約時に一括または分割でお支払い頂きますが、全く成果を得られなかった場合は全額返金させて頂きます。

  • 報酬金

    経済的利益の17.5%(税別)

    成果を得られた場合は成功報酬が発生します。慰謝料を減額できなかった場合は、報酬金を頂きませんのでご安心ください。

  • 日当

    調停同席ご希望の場合

    出廷1回につき一律
    55,000円(税込)


    訴訟

    出廷1回につき一律
    110,000円(税込)

    日当は都度請求させて頂きます(遠隔地の場合はさらに追加日当が発生します)。

その他の費用について

通信費、郵券、印紙代、内容証明費用などに充てる事務手数料として、ご契約時に一律11,000円(税込)を頂戴します。
訴訟に移行した場合には、日当及び実費を請求させて頂きます。出張についても所定の出張手数料を申し受けます。その他、所定の事務手数料が発生することがあります。

よくあるご質問

不倫相手から慰謝料を請求され、配偶者にはバレていない状態です。
配偶者に連絡され、バレることはありますか?

不倫相手から配偶者に直接連絡されてしまう可能性もゼロではありませんが、弁護士が介入することで相手方も行動が慎重になり、弁護士だけと交渉するケースが大半です。
そのような場合、配偶者にバレるリスクは少なくなります。

職場にバレることはありますか?

不倫相手が職場関係者である場合や、ご相談者様の職場について詳しく知っている場合、嫌がらせでバラされるというリスクがゼロとは言えません。
そのようなケースでも、できるだけ早く弁護士が介入することで、相手方も軽はずみな行動をしなくなる傾向にあり、一定の効果が見込めます。

配偶者に浮気を疑われています。
しかし、証拠はないはずです。否定すべきでしょうか。

配偶者が実は何らかの証拠を既に握っている可能性もあります。もしそのような証拠が出てきてしまった場合、責任が重くなってしまいますので、まずは弁護士にご相談されることをお勧めします。

私は独身ですが、相手が既婚者とは知りませんでした。
相手の配偶者から慰謝料を請求されています。支払う必要がありますか?

既婚者だと全く知らなかった場合、慰謝料を支払う必要はありません。むしろ、あなたが被害者かもしれませんので、あなたが慰謝料を請求することができる可能性もあります。

社長・経営者・役員・管理職でないと依頼することができませんか。

いいえ。当弁護士法人の顧客の多くは社長や経営者や投資家・富裕層ですのでそのような顧客のお仕事が多くなっておりますが、それらの顧客に限定するものでは全くありませんし、しっかりお受けしていますので、どしどしお問い合わせください。

スマホやICレコーダーでの録音音声は、証拠になりますか?

証拠となり得ますが、裁判において証拠と判断されるかどうかは録音された状況や経緯などで異なる場合があります。 相手方が無断で会話などを秘密に録音した場合でも証拠になる可能性が高いです。ですので、あらゆる可能性を想定して、対応しなければいけませんので、弁護士と十分に協議する必要があるかと思います。 ただ、「いつ、どこで、どの程度の頻度で不貞行為をしたのか」が明確でなければ、証拠とはなりません。録音は、しっかり録音できていないケースも多く、どのようなシチュエーションだったが不明の場合も多く、十分な証拠とならない可能性も十分にあります。 ただし、いつどこで秘密録音されているかはわかりませんので、注意して行動する必要があります。

内容証明郵便が送られてきました。大丈夫でしょうか?

ご心配は無用です。内容証明郵便には法的な効力などはあまりありません。
言ってしまえばただの「手紙」にすぎません。
その手紙の中に記載されている内容を真実であると証明するものではありません。
ただし、相手からの内容証明郵便を放置していると、裁判を起こされる可能性が高いです。特に弁護士名で内容証明郵便が送られてきた場合は、放置せずにまずは弁護士にご相談ください。
相手方からの内容証明郵便の内容については、一方的かつ偏りのある間違った主張が展開されているケースも多く、放置しておくと、その内容を認めたものとされてしまいかねませんので、しっかり反論する必要があります。

パソコンのメールや、LINE等のメッセージアプリの内容は
証拠になりますか?

はい、証拠となり得ます。
パソコンのメールやLINEなどには、送信日時、送信先、送信内容、添付ファイルなど様々な情報が含まれており、実際に不貞行為があったと思われる記述や写真が送受信されている場合、大変不利な状況となり得ます。
このようなケースでは弁護士に相談されることをお勧めします。
ただ、メールの内容などについては、複数の解釈が成り立つケースも多く、弁護士も交えてよく検討する必要があります。

ZoomやSkypeでのネット相談、
電話相談も承っております!

エグゼクティブ、働くビジネスマン、キャリアウーマンのための

不倫・浮気・離婚・男女関係!弁護士が慰謝料請求に対応します!

まずはお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させて頂きます。

お電話でのお申込み・お問い合わせはこちら

03-6435-8418

電話をかける

受付時間 8:00-24:00(土日祝含む)

フォームからのお申込み・お問い合わせはこちら

慰謝料を請求したい!


当弁護士法人なら
慰謝料請求の費用について
ご心配は無用
です!

ご依頼時のお支払い0
報酬金は成功報酬制
(後払い)です

弁護士に依頼するメリット

  • 精神的ストレスを軽減できます!

    弁護士が代理人として交渉を行いますので、ご依頼者様の精神的・肉体的負担が軽減されます。不倫・浮気の問題から一定の距離を置くことができますので、精神的な負担を大きく減らすことができます。
    弁護士が相手方との交渉、書面の取り交わしなどの手続きを行いますので、このような手続きをお客様ご自身が行わなくても良くなります。

  • 裁判所への出頭が必要ありません!

    相手方との交渉が決裂してしまった場合などには、やむを得ず裁判を起こさなければならないことがあります。
    当弁護士法人にご依頼を頂いている場合、弁護士がご依頼者様の代理人として裁判所に出頭しますので、ご依頼者様が裁判所へ出頭する必要はありません。

  • 慰謝料の未払いを防止

    慰謝料の支払いについて合意できても、相手方が全額支払うまでは安心できません。口約束だけでいつまでも支払わないというケースもあります。
    弁護士に依頼することで、慰謝料の未払いを防止するための方法まで事前に検討し、慰謝料の回収を実現します。

  • 相手方と会わずに済む

    憎き浮気相手に対して言いたい事があるという方もいらっしゃると思いますが、当弁護士法人では直接会うことはお勧めしておりません。
    実際に相手方と会った場合、素直に非を認めて謝罪する方ばかりではありません。逆上して自らが被害者であると言い放ち、罵声を浴びせるような方がいるのも事実です。冷静に話し合うためにも、ご依頼者様の代理人である弁護士にお任せください。

不倫・浮気の相手方に
してはいけないこと

怒鳴り込んではいけません

不倫相手の職場や自宅に怒鳴り込んだり、電話で連絡して第三者に故意に不倫を知らしめる行為、不倫相手に乱暴な言葉を浴びせるなどしてしまった場合、「脅迫・恐喝」されたとして訴えられる可能性があります。
直接話してしまうと、怒りなどの気持ちが先行してしまいがちですので、弁護士などの代理人に交渉を依頼されることをお勧めします。

怒鳴り込んではいけません

不倫相手の職場や自宅に怒鳴り込んだり、電話で連絡して第三者に故意に不倫を知らしめる行為、不倫相手に乱暴な言葉を浴びせるなどしてしまった場合、「脅迫・恐喝」されたとして訴えられる可能性があります。
直接話してしまうと、怒りなどの気持ちが先行してしまいがちですので、弁護士などの代理人に交渉を依頼されることをお勧めします。

不倫・浮気の事実を知ると
心穏やかでいることは難しいと思います。
しかし、不倫相手から適正な慰謝料を獲得するため
冷静に弁護士へご相談ください。

慰謝料獲得
成功事例

  • 01

    Aさん(30代/男性)会社員

    妻が職場の同僚と不倫していたことが発覚。相手方は不倫の事実を認めませんでしたが、弁護士が収集した証拠を元に交渉を行なった結果、慰謝料の獲得に成功しました。

  • 02

    Bさん(40代/女性)専業主婦

    夫から、結婚前に交際していた相手と再会し不倫している事実を打ち明けられたBさん。夫は離婚を希望しており、慰謝料の支払いも拒否。しかしBさんが弁護士に相談し、弁護士が毅然とした対応をしたことで慰謝料の支払いに応じました。

  • 03

    Cさん(30代/女性)OL

    交際していた相手が実は既婚者だったことが判明したCさん。その相手は、行方をくらましていたが、弁護士に相談し、調査した結果、行方が判明し、慰謝料を強く請求したところ、その相手は慰謝料の支払い応じました。

解決までの流れ

慰謝料請求サービスの
弁護士費用

  • 基本費用

    33万0,000円(税込)

    契約書を締結した際、基本費用が発生します。基本費用については、ご契約時に一括または分割でお支払い頂きますが、全く成果を得られなかった場合は全額返金させて頂きます。

  • 報酬金

    経済的利益の20.0%(税別)

    成果を得られた場合は成功報酬が発生します。慰謝料を減額できなかった場合は、報酬金を頂きませんのでご安心ください。

  • 日当

    調停同席ご希望の場合

    出廷1回につき一律
    55,000円(税込)


    訴訟

    出廷1回につき一律
    110,000円(税込)

    日当は都度請求させて頂きます(遠隔地の場合はさらに追加日当が発生します)。

その他の費用について

通信費、郵券、印紙代、内容証明費用などに充てる事務手数料として、ご契約時に一律11,000円(税込)を頂戴します。
訴訟に移行した場合には、日当及び実費を請求させて頂きます。出張についても所定の出張手数料を申し受けます。その他、所定の事務手数料が発生することがあります。

よくあるご質問

夫の不倫相手に慰謝料を請求しましたが、
相手方は収入がないため支払えないと言います。
あきらめるしかありませんか?

収入や資産がないことを理由に支払いを免れることはできません。
まず、本当に収入や資産がないのかを確認し、まったく収入がなければ「分割による支払いの合意」が必要となる場合もあります。
現在では、財産調査手続きというものがあり、その手続きを使用することで、銀行口座や不動産、勤務先(役員報酬や給料)、その他の財産の所在が判明することもあり、その場合、その財産に対して差し押さえなどが可能となります。

夫の不倫相手に慰謝料を請求したいのですが、住所がわかりません。
どうすれば良いでしょうか?

弁護士法人M&A総合法律事務所にご依頼頂いた場合、弁護士の職権から「戸籍や住民票の職務上請求」や「弁護士会照会」という手段を用いて、浮気相手の氏名、以前住んでいた場所、携帯電話番号などの情報があれば、そこから現住所をたどれる可能性があります。

相手方に慰謝料を請求したいのですが、メールやLINEのやり取りを写真に撮っておけば証拠になりますか?

証拠になるかどうかは、メール等の内容次第と言えます。
不貞行為の証拠となるようなメール等であれば、慰謝料請求で有利な証拠となります。

決定的な証拠がない場合、メールのやり取り、飲食店やホテルの領収書、カーナビの履歴、クレジットカードの明細などの小さな証拠を積み重ねて不貞行為を立証できる場合もあります。

実際に不倫・浮気しているのであれば、どこかにその痕跡はあると思われ、証拠がないと言って、直ちに諦める必要はないと思います。

夫とは別居中ですが、夫の不倫相手に慰謝料を請求できますか?

婚姻関係が既に破綻している状態で別居し、その後に不倫・浮気があった場合、慰謝料を請求することは できません。

社長・経営者・役員・管理職でないと依頼することができませんか。

いいえ。弁護士法人M&A総合法律事務所の顧客の多くは社長や経営者や投資家・富裕層ですのでそのような顧客のお仕事が多くなっておりますが、それらの顧客に限定するものでは全くありませんし、しっかりお受けしていますので、どしどしお問い合わせください。

慰謝料の相場はどれくらいですか?

「相場」という表現は語弊がありますが、概ね数十万円〜500万円程度の金額で、和解や判決が下るケースが多いようです。

内容証明郵便はどの程度の効果がありますか?

法的な効果はあまりありません。ただし、弁護士名で内容証明郵便を送った場合、相手方も「弁護士から通知が来た」と思いますので、真剣に対応する方がほとんどです。相手方も弁護士に相談する場合が多く、そこから交渉が始まるスタート地点と言えるでしょう。

ZoomやSkypeでのネット相談、
電話相談も承っております!

エグゼクティブ、働くビジネスマン、キャリアウーマンのための

不倫・浮気・離婚・男女関係!弁護士が慰謝料請求に対応します!

まずはお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させて頂きます。

お電話でのお申込み・お問い合わせはこちら

03-6435-8418

電話をかける

受付時間 8:00-24:00(土日祝含む)

フォームからのお申込み・お問い合わせはこちら

弁護士法人M&A総合法律事務所
選ばれる理由

日本全国対応可能

当弁護士法人の弁護士が、北海道から沖縄まで日本全国対応します。
まずはお気軽にご相談ください。

日本全国対応

電話・ネット相談可能

現在、コロナウイルス感染防止の観点から、電話相談、インターネット上でZoomなどの会議ソフトを使った相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ZoomやSkypeでのネット相談、
電話相談も承っております!

エグゼクティブ、働くビジネスマン、キャリアウーマンのための

不倫・浮気・離婚・男女関係!弁護士が慰謝料請求に対応します!

まずはお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させて頂きます。

お電話でのお申込み・お問い合わせはこちら

03-6435-8418

電話をかける

受付時間 8:00-24:00(土日祝含む)

フォームからのお申込み・お問い合わせはこちら

弁護士法人
M&A総合法律事務所
について

弁護士法人M&A総合法律事務所
〒105-6017 東京都港区虎ノ門4丁目3-1 森トラスト城山トラストタワー17階
代表弁護士土屋勝裕(東京弁護士会25776)

目安報酬額については、当弁護士法人のホームページの弁護士費用一覧ページをご覧ください。

弁護士法人
M&A総合法律事務所
までの道順

ご相談・お問い合わせフォーム

弁護士が親身に対応させて頂きます。
受領した情報の秘密は厳守いたしますので、安心してご相談ください。
毎日数件の相談が入っておりますので、ご相談は事前予約制とさせて頂きます。

ご相談内容
慰謝料を請求された!
慰謝料を請求したい!
お名前(姓名)

※ご相談者個人のお名前

会社名
所在地

※当弁護士法人が郵便物を送付しても良い住所をご記載ください

メールアドレス

※当弁護士法人が連絡してもよいメールアドレスをご記載ください。

電話番号(携帯電話可)

※当弁護士法人が連絡してもよい電話番号をご記載ください。

請求金額
(1)100万円未満
(2)100万円以上300万円未満
(3)3000万円以上1000万円未満
(4)1000万円以上3000万円未満
(5)3000万円以上1億円未満
(6)1億円以上
弁護士相談料
(1)最優先で全力で対応をお願いします(割増相談料5万円)
(2)土日祝日のお問い合わせの場合(割増相談料5万円)
(3)優先的に対応をお願いします(所定相談料2万円)
(4)15分無料相談
お問い合わせ内容
アンケート
(1)貴弁護士法人へ依頼する意向である
(2)貴弁護士法人へ依頼する意向はない
(3)依頼するか否かはどちらともいえない