M&A契約書を検討中のオーナー様へ

M&Aの契約書を検討中のオーナー様へ

M&Aにおいては、秘密保持契約書・基本合意書・意向表明書・最終契約書・関連契約書など、様々な契約書を作成することとなります。

M&Aが会社の売買という非常に重要な取引に関するものである以上、これは当然のことかと思います。ただ、M&Aの契約書は、通常の契約書とは異なっており非常に特殊であり、また、M&A自体、頻繁に起こる取引ではありませんので、見慣れない多くの条文が入っており、通常、それが一般的な条項なのか、騙されているのかどうかさえ分からないものと思います。

また、契約書の内容次第では、M&Aの実行後、トラブルになる可能性もあり、リーマンショックの直後などは、M&Aの実行後、買収企業から売主に対しての訴訟提起が頻発したほどです。

M&A総合法律事務所では、基本合意書・最終契約書・関連契約書などのM&Aの契約書の検討・助言・交渉・作成を、ワンストップで支援いたします。

M&Aの契約書の関連ページ

 

M&Aに関するご相談は、M&Aの弁護士であるM&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

お問い合わせ・無料法律相談
Copyright(c) 2018 M&A総合法律事務所 All Rights Reserved. M&A弁護士M&A総合法律事務所 デューデリジェンス(DD)、表明保証、契約書、仲介、買収、各種手続き等お任せください。