M&A会社売却の可能性は?

M&A会社売却の可能性は?

M&Aというと、資金に余裕のある大企業が行うものであるとか、仮に購入を検討する企業があるのだとしても小規模の会社を購入することはないだろう、などと考えて、事業を終了しようとする際に会社の売却を検討せず、清算をしようと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。

しかしながら、一見すると価値がないように見えたとしても、技術力や、顧客基盤、ノウハウなどで評価を受けることはあります。たとえば、店舗拡大等を目的としている場合に、その地域にいきなり進出するよりも、他社の営業基盤を引き継ぐということに魅力を感じ、例え小規模な企業であっても購入したいという希望を持っている企業もあるのです。

実際に企業の売却可能性ついては、業種、企業の規模、業績、財務状況、企業としての将来性、市場情勢等によって左右されるため、M&Aの専門家でなければ判断することは困難です。

まずは、企業としてどのような価値があるのか、売却可能性があるのかについては、M&Aの専門家に相談し、客観的な意見を得ることが重要です。

⇒M&A会社売却をお悩みの方はこちら!

お問い合わせ   

この記事に関連するお問い合わせは、弁護士法人M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

    ■対象金額目安

    ■弁護士相談料【必須】

    ■アンケート

    >お気軽にお問い合わせください!!

    お気軽にお問い合わせください!!

    M&A相談・株式譲渡契約書・事業譲渡契約書・会社分割契約書・デューデリジェンスDD・表明保証違反・損害賠償請求・M&A裁判訴訟紛争トラブル対応に特化した弁護士法人M&A総合法律事務所が、全力でご協力いたします!!

    CTR IMG