M&Aによる会社買取りサービスについて

M&Aによる会社買取りサービスについて

近時、M&Aも難しくなっています。

M&A会社売却したい会社オーナー様が会社売却を急いでおり、また相続・事業承継問題によりそのように会社売却を急いでいる会社オーナー様が多いのに対し、企業買収をしようとする買収候補企業は、時間をかけてじっくり会社を調査してからM&A企業買収しようとするため、需要と供給にズレが生じています。また、日本の市場構造が大きく変化してきているため、現在、利益を出している会社であっても一寸先は闇であり、必ず買収候補企業が現れるわけではありません。

そこで、当事務所においては、弊所スポンサーや事業承継ファンドと組み、まずは、そのような会社を弊所スポンサーや事業承継ファンドにて買収し、弊所スポンサーや事業承継ファンドにおいて会社を経営しつつ、継続的に市場をウォッチし、適切なタイミングに会社売却を行う、または継続的に会社売却活動をするという、「M&Aによる会社買取りサービス」を行っております。

「M&Aによる会社買取りサービス」のメリット

このように当事務所や弊所スポンサーや事業承継ファンドが主体的に会社売却活動をする「M&Aによる会社買取りサービス」のメリットですが、何がメリットかといいますと、以下の様なことがあります。

まず、①会社の組織再編を行った上で会社売却を行うことができます。

なかなか会社売却ができない会社であっても、売却が容易な事業と売却が困難な事業など複数の事業があるような場合、売却が容易な事業のみを売却し、売却が困難な事業は精算するとか、業務改革を行うなどして、最終的に会社すべての会社売却を実現することができます。また、時間をかけてじっくりと不採算事業から撤退することにより、買収候補企業が出現しやすくなります。これによって従業員の雇用を守ったり、取引先に迷惑をかけないで済むかもしれません。

また、②債務超過会社や赤字会社であっても、当事務所や弊所スポンサーや事業承継ファンドが主体的に、私的整理・任意整理の過程を経ることにより、まずM&A売却前に、過剰債務をカットしてから、M&Aを行う方法もあります。この方法であれば、買主は過剰債務を引き継がないこととなりますので、買主候補企業の出現可能性は高く、M&A売却の実現可能性が大幅に高まります。現在においては、このような過剰債務を削減したうえで、買主候補会社がスポンサーとして赤字き会社や債務超過会社を買収する方法は一般的になっています。

また、③会社が用意に売却できない理由として大きなものは、管理体制が組織的に構築できていないことが理由であることがあります。すなわち、中小企業においては、会社の管理体制が組織的に構築されておらず、事業に対するガバナンスが充分でないことがお送りますし、売掛金の管理すら十分ではないこともあります。

当事務所や弊所スポンサーや事業承継ファンドが主体的に会社に関与することにより、対象会社のこれらの問題が解消すれば、会社の中身が把握できるようになり、買収候補企業が現れることになります。

ただ、いずれにしろ、会社オーナー様と綿密に情報交換を行い、どのような方法が最も適切な会社売却方法なのかを提案させていただくこととなると思います。

M&A会社売却をお迷いの経営者様

企業再建関連記事

M&Aに関するご相談は、M&A弁護士・M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

お問い合わせ・無料法律相談
Copyright(c) 2018 M&A総合法律事務所 All Rights Reserved. M&A弁護士M&A総合法律事務所 デューデリジェンス(DD)、表明保証、契約書、仲介、買収、各種手続き等お任せください。