对于难以收取拖欠租金的业主!日本律师彻底解释对策!

给业主谁有麻烦,以收回拖欠的租金

拖欠房租的人有一种模式,根据拖欠房租的人,他们的反应可能会改变。

那些不小心忘记付房租的人往往没有经济困难,如果你提出索赔,他们往往会付钱。 因此,有些人不会要求太严格。 然而,这是一个很大的错误。

因为,在多次拖欠付款时,它可能会变得正常,成为恶意的拖欠租金者。 如果您迟到一天,请以口头或书面形式申请付款。 这是不导致拖欠租金的要点。

另一方面,一些恶意拖欠者一再拖欠一个月或几个月的租金。 必须对此类人采取法律行动,并作出严厉的回应。

然而,如果你做有问题的催款行为,它可能会发展成麻烦,反之亦然,所以当你自己催款时,请格外小心。

首先,我认为有一个共同担保人,如果对方和通常的租赁合同,你可以发送内容证明邮件给对方和团结担保人,并提出索赔。 这里的要点是,它不仅发送给另一方,而且发送给共同担保人。 可以认为,担保人自己支付,并且,由于与担保人的关系,作为另一方,也可以考虑支付。

至于内容证明,如果你以律师的名字发送,你可能会认为你很认真,你可能会被起诉,这样你更有可能得到报酬。

如果您仍然不付款,您仍将进入法律程序。

法律程序有催款、小额诉讼和普通诉讼等方法,每种诉讼都有其优缺点。

但是,在要求披露租金时,您通常必须提起诉讼,在某些情况下,甚至强制执行。

您可以自己处理,但应尽早咨询律师,以便在诉讼期间有效地收集。

也就是说,必须考虑到这些情况,考虑应采用何种方法来收回拖欠租金,在这种情况下,将产生哪些好处,以及将产生哪些缺点。

应收账款回收相关条款

有关收取拖欠租金的咨询,请随时联系我们的办公室。
如果您有任何问题,请随时与我们联系,我们将不胜感激。

滞納家賃回収にお困りのオーナー様へ

家賃を滞納する人にはパターンがあり、滞納する相手によって自ずと対応は変わってくると考えられます。

うっかり家賃の支払いを忘れてしまうタイプの人は、金銭的に困窮しているわけではないことが多く、請求をすれば支払いをしてくることが多いでしょう。そのために、あまり厳しく請求をしないという方もいらっしゃるのではないでしょうか。しかしながら、これは大きな誤りです。

支払を何度も滞納するうちに、それが常態化し、悪質な家賃滞納者になりかねないからです。1日でも支払期日に遅れたら、口頭又は書面で支払を請求するように心がけてください。これが滞納家賃を起こさせない重要なポイントです。

他方で、何度も滞納を繰返し、1カ月ないし数か月分の家賃滞納をしているという悪質なタイプの滞納者もいるでしょう。このような相手に対しては法的措置を辞さず、厳しい対応をする必要があります。

とはいえ、問題のある督促行為を行えば、トラブルに発展し、逆に相手方から訴えられるということも考えられますので、督促をご自身でされる場合には十分に注意をしてください。

まず、相手方及び通常の賃貸借契約であれば連帯保証人がいると思いますので、相手方及び連帯保証人に対して内容証明郵便を送付して請求を行うということが考えられます。ここでのポイントは相手方だけではなく連帯保証人に送付をするということです。連帯保証人自身が支払いをしてくるということも考えられますし、相手方としても連帯保証人との関係上、支払いをしてくるということも考えられるからです。

内容証明については、弁護士名で送付すると、本気であることが伝わり、相手方に訴えられるかもしれないと思わせることで、支払いを受けられる可能性が高まるといえます。

それでもなお支払いをしないという場合には、法的手続きに移行することとなります。

法的手続きといっても支払督促、少額訴訟、通常訴訟という方法があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。

もっとも、家賃回収と併せて明渡請求をする場合には通常訴訟を提起し、場合によっては強制執行までしなければならないこととなります。

ご自身で手続きをすることも可能ではありますが、早期に弁護士に相談し、訴訟に至るまでの間に、効率的に回収できるよう、ご相談いただくことが望ましいでしょう。

すなわち、滞納家賃回収について、どのような手法を採用すべきか、その場合、どのようなメリットが生ずるか、どのようなデメリットが生ずるかについて、これらの諸般の事情を考慮して、検討することが重要です。

滞納家賃回収に関するご相談は、当事務所にいつにてもお問い合わせください。
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

お問い合わせ・無料法律相談