如何摆脱拖欠租金!日本律师彻底解释了对策!

如何成功地驱逐拖欠租金的人

我想让拖欠房租的承租人早点离开。

作为贷款人,这是一个自然的想法,但你不能强迫对方立即离开。

由于法律不允许自行救济,因此,例如,如果未经许可更改钥匙或强迫其离开,贷款人可能会要求赔偿损失。

因此,必须按照程序驱逐对方。

首先,您可以随意谈判,但如果您希望提前离开,并轻易免除部分租金或分期付款,您最终可能无法获得付款,因此您需要非常谨慎地进行谈判。

要被驱逐出境,必须经过审判程序,因此,在进行自愿谈判时,必须同时准备诉讼。

要利用审判程序和强迫流离失所,必须提出建筑物的引渡请求。

由于承租人可以通过租赁协议占用建筑物,因此必须首先取消租赁协议。 然而,在日本,由于承租人受到保护,人们可能会说,他们无法解除租赁合同,因为仅仅拖欠租金并不能说信任关系已经破坏。

租金拖欠期过后,租赁合同可以解除多少?

因此,在租金拖欠期过后,可以取消租赁合同的情况也逐一发生,在某些情况下,在两个月的拖欠中,在某些情况下,在六个月内不允许这样做。 然而,在一般情况下,如果拖欠三个月以上,信任关系可能会被破坏,租赁合同可以解除。

如果法院允许解除租赁合同,并且允许澄清建筑物,而另一方仍然不轻易离开,则使用法院的强制执行程序,并实际采取驱逐程序。

与另一方谈判的时间可能很长,最终需要一段时间才能离开,因此尽快做出回应至关重要。

建议在开始拖欠租金时咨询律师,并要求在必要时办理驱逐手续,以及支付拖欠的租金。

重要的是,考虑到这些一般情况,考虑在收回拖欠租金和搬迁拖欠租金者时应采用何种方法,以及在这种情况下执行实际程序。

应收账款回收相关条款

有关收债事宜的咨询,请随时联系我们的办公室。
如果您有任何问题,请随时与我们联系,我们将不胜感激。

家賃滞納者をうまく退去させるには

家賃を滞納するような借主には早く出て行ってもらいたい。

貸主としては当然の考えですが、とはいえ即時に相手を無理やり退去させることはできません。

法律上、自力救済は認められていませんので、例えば勝手に鍵を変えてしまったり、出ていくように威迫したりすれば、かえって貸主側が損害賠償を請求されることもあるのです。

したがって、相手を退去させるには手続きを踏む必要があります。

まずは任意に交渉をすることが考えられますが、早く退去をさせたいからといって、家賃の一部免除や分割弁済などを安易に許すと、最終的に支払いを得られないということもありますので、十分に注意をして交渉をする必要があります。

強制退去をさせるためには裁判手続きを経る必要がありますので、任意交渉をしながら訴訟の準備をあわせて行うことになります。

裁判手続きを利用し、強制退去をさせるためには、建物明渡請求をする必要があります。

賃借人は賃貸借契約により建物を占有できますので、まず前提として賃貸借契約を解除する必要があります。しかし、日本では、賃借人が厚く保護されていますので、家賃を滞納したというだけでは、信頼関係が破壊されたとまではいえないので、賃貸借契約を解除することはできないと言われてしまうこともあります。

どの程度家賃滞納期間が経過すれば賃貸借契約を解除できるか

ではどの程度家賃滞納期間が経過すれば賃貸借契約を解除できるかというとこれもケースバイケースであり、2ヶ月の滞納で認められることもあれば、半年でも認められないケースもあります。ただ、概ね裁判例では、3ヶ月以上の滞納であれば、信頼関係が破壊され賃貸借契約を解除することが可能とされたケースが多いでしょう。

裁判で賃貸借契約の解除が認められ、建物の明渡が認められた場合に、相手方がなおなかなか退去しようとしないときには、裁判所の強制執行手続きを利用して、現実に退去をさせる手続きを採ることになります。

相手方との交渉が長引き、結局退去をさせるのに時間がかかるということもありますので、できる限り早めに対応をすることが肝要です。

家賃滞納が始まった段階で弁護士に相談し、滞納家賃の支払いと併せ、必要であれば退去手続きについても依頼されることをお勧めいたします。

いすれにしろ、滞納家賃回収や家賃滞納者の建物退去について、どのような手法を採用すべきか、その場合の実際の手続きの遂行について、これらの諸般の事情を考慮して、検討することが重要です。

お問い合わせ

この記事に関連するお問い合わせは、弁護士法人M&A総合法律事務所にいつにてもお問い合わせください。ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

     

    お問い合わせ・無料法律相談