中国人女性のマッチングアプリ投資詐欺【公式】!

マッチングアプリで中国人女性とマッチングできた、うれしいと思ったのも束の間、少し仲良くなったところで、FXや仮想通貨、海外投資やそれ以外の金融商品などを日本人男性に購入させる投資詐欺が流行しています。

これを「マッチングアプリ投資詐欺」とも言います。

相手は中国人のため、資金は海外に流出済みと諦めがちですが、はたして資金は海外にあるのか疑うことが解決につながります。また、このような投資詐欺についても全く回収不可能ということはなく、当事務所では投資資金の一定の回収に成功しています(迅速な行動により投資資金のほとんどを回収できたと日本人投資家もいらっしゃいます)。

この記事では、中国人女性によるマッチングアプリ投資詐欺の具体的な手口を紹介し、投資詐欺に遭ってしまった場合はどのように対応すればよいのかを解説します。

1.中国人女性によるマッチングアプリ投資詐欺の手口

Tinder(ティンダー)やペアーズなどのマッチングアプリ経由で中国人女性とマッチングし、仮想通貨などの金融商品を購入させられる投資詐欺は、次の手順で行われることが多いです。

1.マッチングアプリで中国人女性から申し込み

2.LINEやWeChatなどのIDを交換

3.「仮想通貨で儲かった」とアピールされる

4.「親族又は叔父さんが共産党の幹部や金融関係者なので絶対に儲かる!」とアピールされる

5.「今がチャンス」「少額からOK」などと勧誘される

1−1.マッチングアプリで中国人女性から申し込み

Tinder(ティンダー)やペアーズなどのマッチングアプリや出会い系サイトなどで、中国人女性から「いいね」(申し込み)のアピールをされることがあります。写真を見るとかなりの美人で、しかも積極的に絡んできてくるため、日頃マッチングに苦労している男性は舞い上がってしまうのが現状です。

プロフィールを見ると、証券アナリストや投資銀行勤務、投資家や実業家など、投資やビジネスに携わっていることが多いです。また、香港や上海に在住しているのに、Tinder(ティンダー)やペアーズに表示される自分との距離が日本並みに近いなど、明らかに怪しいケースもあります。

1−2.LINEやWeChatなどのIDを交換

マッチングアプリや出会いサイト内で何度かやり取りすると、早々にLINEやWeChatへの移動を提案されます。これは、アプリやサイト内では投資への勧誘が規約違反となるため通報を避けるのと、個人情報の入手が目的です。

マッチングするだけなら大した問題にはなりませんが、LINEなどのID交換を提案されたときは、すぐには応じず様子をみるようにしましょう。アプリやサイト内でのやり取りで既に金融商品の話題が出ているときは、ID交換は危険です。

1−3.「FXや仮想通貨で儲かった」とアピールされる

LINEやWeChatなどに移動すると、ビットコインやFXで○万円儲かったという話を頻繁にされるようになります。証拠の画像を添付し、本当に儲かったとアピールしてきます。

興味がないと返すと連絡が途絶える(LINEから退出される)こともありますが、話題を変えても巧みにFAXや仮想通貨の話に誘導するなど、時間をかけてくるケースもあります。

1−4.「今がチャンス」「少額からOK」などと勧誘される

投資に興味がないとはっきり言えない気の弱い人の場合、「あなたならできる」「投資に興味がある人が好き」「身内のおじさんが儲けているので聞いてあげる」「親族に共産党幹部がいるので良いタイミングをおしえてあげる」など、金融商品の購入を勧めてきます。投資や購入を迷わせないよう、「今がチャンス」「少額からOK」などと即座に購入させようとするのがポイントです。

勧めてくる金融商品は様々です。たとえば、ビットコインの購入を勧めてくるときには、最初は仮想通貨の大手取引所への登録を勧めてきます。有名な取引所に登録するだけなら危険ではないと、警戒心を緩める人もいます。FXのばあいはたいていMT4をダウンロードさせて、お勧めの証券会社だと言って香港の証券会社らしいところで口座を開設させます。

しかし、大手取引所に登録してビットコインを購入させたり、MT4によって架空の証券取引所に接続させたり、ビットコインを海外の取引所に送金させたり、海外の怪しい仮想通貨を購入させたり、関係者の口座と称して国内の銀行口座に投資資金を振り込ませたり、証券会社のオペレーターと称する女性を紹介されたり、その女性と一緒になって投資を勧誘したり、実際に取引を促して数字上は多少儲けさせたり、少し儲けさせたり信用させたりしたら次々と投資資金の上積みを進めてきたり、段階を踏んできます。絶対に金融商品への投資や購入に手を出さないようにしてください。

1−5.いずれの場合も投資に失敗した形にして最終的には連絡が取れなくなる

ただ、何に投資した場合も同じであり、実際には投資などされておらず、表示上の数字の変動にすぎず、コンピューターの画面上は、いずれの場合も、最後は、相場が逆に動いたり、システムがエラーを起こしたり、またはレバレッジをかけ過ぎたということとして、投資に失敗した形にして、「私も損をしている!」「うちのおじさんの言うとおりにやらないからだ!」「システム障害により投資に失敗したのだから仕方がない!」「親族の共産党幹部もたまには損をする」などなど、のらりくらり損失の責任を逃れながら、最終的には連絡が取れなくなり、その段階でようやく投資詐欺に気づく場合もあれば、その段階でも投資に失敗しただけだと思ってしまう可能性もあるという、投資に詳しくない日本人から資金を巻き上げることに集中しています。

中国人女性の写真にまどわされない

マッチングアプリや出会い系サイトでは、中国人女性の美しい写真を鵜呑みにして、「こんな綺麗な人が投資を勧めてくれている」と思い込んでしまいます。

しかし、マッチングアプリで投資を勧めてくるアカウントは、実際には女性ではない可能性が高いです。プロフィールの写真で画像検索をすると、赤の他人の写真を無断使用していることもあります。ネットの向こうにいるのは美しい中国人女性ではなく、詐欺集団であると冷静に考えるようにしましょう。

詐欺集団が、日本に入り込んでおり、日本国内からLINEと翻訳ソフトを使って投資詐欺を行っていることも多くなっています。もちろん、その詐欺集団は役割分担ができており、投資を勧誘する女性や証券会社のオペレーターの女性の役割の人物以外に、銀行口座を提供している中国人や日本人、銀行口座から資金を引き出す受け子など、高度な組織になっています。

マッチングアプリによる投資詐欺は中国人女性だけではない

マッチングアプリ経由で投資詐欺を持ちかけるのは、中国人女性だけではありません。元々、マッチングアプリや出会い系サイトで、日本人女性を利用して投資をもちかけるのは、昔ながらのオーソドックスな手法です。

日本人女性の場合は、一対一で会う約束をしたのに、集団で表れてネズミ講やマルチ商法などを勧めてくるケースもあるので、同様に注意してください。

2.中国人女性のマッチングアプリ投資詐欺に遭ってしまった場合

では、既に投資詐欺に遭ってしまった場合には、どう対応したらよいのでしょうか。

投資資金が日本に残っている可能性もある

自分が詐欺にあったと分かっても、相手は中国人で、LINEなどでも英語のやり取りをしていると、日本国外の詐欺に対応するハードルが高いと感じてあきらめてしまう人もいます。

しかし、その中国人女性は本当に中国人で、海外に在住し、投資した資金も海外に流れていってしまったのでしょうか?

たとえば、中国人女性によるFX詐欺では、日本の銀行口座に資金を振り込ませるケースが多いです。その資金を中国人が海外に持ち出し、現地で海外口座に入金してFXを行っています。このケースでは、資金は順調に増加しているように見えるのですが、実際には資金を出金できない(お金が返ってこない)のが特徴です。

このように、投資資金を日本の銀行口座に送金した場合、まだ資金が日本に残っている可能性が高いと思われます。詐欺集団が中国人女性を装っているだけで、実は日本人の集団というケースもあると思われます。また多くの場合、中国人女性であっても、国内に滞在していることも多いと思われます。

振込詐欺救済法による口座凍結も対応可能

さらに、投資詐欺には、オレオレ詐欺などに適用される振込詐欺救済法を使用することができます。つまり、詐欺により資金を振り込んでしまった日本国内の銀行口座と凍結することができるのです。

銀行口座凍結により、詐欺集団は口座から現金の引き出しなどができなくなるため、大きな圧力をかけることができます。その結果、資金を返金するよう詐欺集団とうまく交渉することも可能になります。

振込詐欺救済法に関する簡単な解説動画を作成しましたので、こちらも参考にしてみてください。

他の被害者の投資資金を凍結してこちらに回収することも可能!

弁護士に依頼することで、投資詐欺師の銀行口座を凍結することができる可能性が高くなります。投資詐欺に遭ったのはかなり前だから、投資詐欺師はその銀行口座から投資資金を引き抜いてしまっているから、「投資詐欺師の銀行口座を凍結しても無駄だよ!」と思うかもしれません。もちろんそういう可能性も相応にあると思いますが、投資詐欺師は多数の投資家を勧誘し、その銀行口座に投資資金を振り込ませていることもあると思われます。その場合、多額の投資資金が銀行口座に滞留している可能性があります。お金に色はありません。その投資資金を凍結してしまえばよいのです。当事務所が投資詐欺師の銀行口座を凍結した事例では、投資資金の6倍もの資金が投資詐欺師の銀行口座に滞留していましたこともあります。そのような場合、投資詐欺に対して、投資資金の返還を求めるだけではなく、慰謝料も請求することとなるでしょうし、請求するべきです。

※ なお、近時の傾向として、投資詐欺師も警戒しているようであり、速やかに銀行口座凍結を行わないと残高があまり残っていない傾向があるように思われますので、躊躇せず、速攻で銀行口座凍結を行うべきかと思われます。

※ 上記動画は撮影日現在の状況を解説したものであり、現状の状況は随時変動しており、現状の状況とはやや異なる可能性もあり、現状については弁護に相談の際に弁護士に直接お尋ねください。

銀行口座凍結を急ぐ必要がある!

また、最近では、当事務所に依頼しようかどうか迷っているその一瞬の間に、投資資金が引き出されてしまい、投資資金を補足できなかったと思われるケースが見られますので、迷っている場合ではないように思われます。その一瞬のために、非常にもったいない事態になってしまうのです。

投資詐欺師「逆探知アプリ」を使用する!

また、当事務所では、投資詐欺師の特性に鑑み、投資詐欺師「逆探知アプリ」を開発しました。これによりLINEの向こうに居る投資詐欺師の本体の個人情報にかなり迫ることができ、画期的なアプリであると自負しております。詳細はWebに掲載したり不特定多数の皆様に情報提供すると、投資詐欺師にも知られてしまう可能性がありますので、有料相談の皆様限定でご提供させて頂く予定です。

まとめ

中国人女性によるマッチングアプリ経由の投資詐欺は、恋愛を思わせる甘いやり取りのなかに、FXや仮想通貨などの金融商品が儲かるアピールを混ぜ込み、巧妙に投資を勧めてきます。

このような投資詐欺にはひっかからないことが第一ですが、もし被害を受けてしまった場合でも、投資資金が日本の銀行口座に残っていれば回収ができるかもしれません。海外に資金が流出していても、中国人女性が所属する証券会社の所在を突き止めることができることもあります。

いずれにしても、対応が遅くなるほど、投資詐欺師の銀行口座から資金が引き出されてしまいます。中国人女性によるマッチングアプリ投資詐欺への対応は早ければ早いほど解決の可能性が高まるため、早急に専門家である弁護士に相談することが効果的です。

※ 現在、中国人女性投資詐欺のご相談が非常に多く、被害額が多額のものなど緊急性を要すると思われるものを除き、原則として有料相談のみ対応させて頂いております。

お問い合わせ

投資詐欺に関するご相談は、当事務所にいつにてもお問い合わせください。
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

    ■被害金額(送金金額)【必須】

    ※3000万円未満の場合は有料相談のみの案内になります。

    ■投資対象

    ■投資詐欺師への送金方法【必須】


    ※経緯をしっかり書いて頂いた方が当事務所からの連絡可能性が高くなります。
    ※多忙のため全ての問合対応や事前検討ができるとは限らない点はご予め了解ください。
    ※当事務所への依頼は成果を保証するものでは全くありません。
    ※投資詐欺の債権回収は通常の債権回収より難易度が高い点ご留意ください。

    ■弁護士相談料【必須】

    ※①を選択されますと相談料は5万円となりますので特に留意ください。
    ※多忙のため半分程度のご相談はお断りする前提での相談料体系にさせて頂いています。

    ■アンケート【必須】

     


    債権回収関連記事

    投資詐欺に関するご相談は、当事務所にいつにてもお問い合わせください。
    ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

    お問い合わせ・無料法律相談