損害賠償責任の追及について!

損害賠償責任の追及について

他の会社とは取引しないという約束だったのに無視しているtsuchiyasama
あの会社に販売しない約束だったのにあの会社に横流ししているようだ
販売代行してくれるはずなのに販売を妨害している
業務委託料をシェアしてくれるはずだったのに全くその様子がない

紹介料を払うと言っていたのに勝手に取引をしている

判決を取ったのに、払わない!

品質に自信があるといっていたのに非常に品質が低い

事業を行う過程でいろいろな関係者と関与しますが、気軽に損失を与えたりする会社があります。

その過程で、いろいろな「損害」が発生します。

彼らはそのような権利があるわけでもないにもかかわらず、したたかに、または気軽に、損害を与えます。

それでは、こちらが期待していたような成果は得られないのみならず、こちらとしては、ノウハウの流出や、取引機会のロス、市場シェアの損失など、非常に大きな損失が発生しますが、相手方は、損害を与えることに無頓着です。

そのような不誠実な関係者をそのままにしてはいけません。

損害賠償責任が追及できる

また、特に、貴社に「損失」が発生している場合は、そのままで済ますわけにはいきません。

不法行為等に対しては、法律上、損害賠償責任を追及することが可能です。

相手方の不法行為等が、貴社の損害と「相当因果関係」があれば、その範囲の損害を賠償請求することができるのです。

この損害には、実際に発生した損害のみならず、精神的損害、すなわち慰謝料も含まれます。

「損害」が存在していれば、何か原因があるはずであり、その原因に関して、損害賠償請求が可能なのです。

損害賠償責任の追及方法

損害賠償責任の追及方法は、通常の債権回収と同じです。

一般的には、まずは弁護士から相手方に対して内容証明郵便を送り、損害賠償責任を追及します。

また、仮差押え・仮処分を行うことも可能です。

勿論、裁判・訴訟を提起することも可能です。

ただ、いずれにしても、証拠が重要であり、書類・資料などの書類の作成・保管や、相手方との会話の録音等を確保しておくことが好ましいといえます。

お問い合わせ

債権回収に関するご相談は、当事務所にいつにてもお問い合わせください。
ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

    被害金額目安【必須】

    ※基準額以下の場合でも強いご要望があれば有料相談対応いたします。


    ※経緯をしっかり書いて頂いた方が当事務所からの連絡可能性が高くなります。

    弁護士相談料【必須】

    アンケート【必須】

     


    お問い合わせ・無料法律相談