中国人女性 | 弁護士法人M&A総合法律事務所
債権回収裁判訴訟紛争弁護士法律事務所【全国対応】

債権回収裁判訴訟紛争弁護士法律事務所【全国対応】

Posts Tagged ‘中国人女性’

ロマンス詐欺が急増!外国人女性マッチングアプリ詐欺の実態・事例・対処法!

2021-07-17

マッチングアプリにより知り合った海外女性から詐欺に誘導される「ロマンス詐欺(国際ロマンス詐欺)」が新型コロナ禍で急増しています。

新型コロナ禍で増えているロマンス詐欺とはどのような詐欺のことなのか。そして、手口や急増の理由など詐欺の実態、ロマンス詐欺への対処法について弁護士が解説します。

実際に被害に合わないための基礎知識や、詐欺ではないかと疑われるケースの判断基準としても役立てていただければと思います。

ロマンス詐欺(国際ロマンス詐欺)とは?

ロマンス詐欺とは「異性を使った詐欺手口」のことです。

ロマンス詐欺の場合、男性には詐欺グループの中でも女性(あるいは女性を装った者)が接触し、女性には詐欺グループの中でも男性(あるいは男性を装う者)が接触します。そして、投資などを利用して最終的に財産を騙し取るのです。

外国人の異性が接触してくることや、恋愛や結婚の相手を探すマッチングアプリなどから被害者を見つけること、ときに恋愛や結婚などを仄めかすことから「ロマンス詐欺(国際ロマンス詐欺)」と呼ばれます。

ロマンス詐欺(国際ロマンス詐欺)の手口

ロマンス詐欺の手口は以下のようなものです。

・マッチングアプリで外国人の異性と知り合う

・外国人の異性とやり取りしているうちに投資に勧誘される

・投資のための資金を送金して欲しいといわれる

・1度~2度ほど送金した資金で投資をさえ利益を出させる

・もっと利益を出すためには多額の資金が必要だと勧誘される

・最終的に資金すべて出金できなくなり財産を奪われる

以上が基本的なロマンス詐欺の手口と流れになります。

ロマンス詐欺の特徴は後の見出しで詳しく説明しますが、現在よく起きているタイプでは外国人の異性が勧誘をするケースがほとんどです。

資金は現金を送金させるパターンもあれば、現金で仮想通貨を買わせたうえで仮想通貨を送金させるケースなどもあります。

いずれのパターンでも、最終的に投資のために送金した現金・仮想通貨をあの手この手で引き出させず、異性とも連絡が取れなくなるのです。

ロマンス詐欺(国際ロマンス詐欺)の事例

ロマンス詐欺の手口をより深く理解してもらうために、よくある事例をご紹介します。

被害者男性を「杉田さん」として話を進めます。

新型コロナ禍ではなかなか異性と出会うチャンスはありません。Aはマッチングアプリを使って異性との出会いを求めました。アプリに登録すると、やがて外国人女性からコンタクトがありました。やり取りしているうちに外国人女性に好感を持った杉田さんはメールやLINEなどの連絡先も交換し、女性とこまめに連絡を取り合うようになりました。

杉田さんは何度か女性に「実際に会ってみたい」と告げましたが、外国人女性の方は新型コロナを理由に「会うのは控えたい」と言います。理由に特に不自然なところはありませんし、直接会うことを断った後も外国人女性はこまめに連絡をくれるので、杉田さんは特に疑問に思いませんでした。

杉田さんと外国人女性がこまめに連絡を取り合うようになってしばらくしてから、女性から投資の話を持ちかけられました。杉田さんは特に投資には興味なかったのですが、外国人女性が熱心に勧めるので「少しくらいなら」という気持ちになりました。外国人女性の指示に従って、預金6000万円のうち50万円ほどを投資の元手として送金します。

やがて送金した50万円は利益がプラスされて戻ってきました。杉田さんは利益が出たことで投資が面白くなりはじめます。

外国人女性が「やったね」「利益を出すためにはもっとお金を増やさないと」と勧誘するので、杉田さんはさらに資金を増やし、今度は50万円送金しました。すると、今度は50万円プラス利益で資金が戻ってきたのです。

投資を2回成功したことで、杉田さんはさらに面白くなりました。普段であればお金の話になると警戒心が出るのですが、投資をすすめるのが少なからず好意を持つ異性であることと、実際に2回投資に成功したことで、警戒心がやや薄れていたのも事実です。

そんな中、外国人女性から「利益を出すためにももっと高額を投資しよう」「将来の私たちの共同生活のためにもっと稼ぎましょう!」という勧誘がありました。杉田さんは将来の女性との婚姻生活を夢見てガードが緩くなり、投資や女性の言葉へのハードルが低くなっていた杉田さんは貯金を解約し投資に回していました。送金した預金額は3000万円を超えます。

杉田さんはその後も女性の指示に従って投資をし、ついには投資資金の額が1億3000万円に到達しました。1億円を稼いだのです。1億円稼いだことにより一段落ついたので、送金先である証券会社に問い合わせました。杉田さんは投資会社に「返金したい(出金したい)」と申し入れますが、会社側は「送金手数料がかかる」「今戻すと税金問題になる」などと、のらりくらりと言い訳して出金に応じません。

外国人女性は「自分は税金や送金手数料を払ったら出金できたよ」「儲かったのだから税金や送金手数料は払うしかないよ」とのこと。杉田さんは証券会社に税金や送金手数料を払ったものの一向に資金を取り戻すことができず、この段階になってやっと「マッチングアプリで近づいてきたときから『投資に誘導してお金を騙し取るつもりだった』のか」と気づきました。

杉田さんの事例はロマンス詐欺の典型的なパターンです。

事例は男性が外国人女性に騙されたパターンですが、反対に女性が外国人男性に騙されるパターンもあります。

オレオレ詐欺などは高齢者がよく被害に合うため、詐欺といえば高齢者層が主な被害者という印象がついてしまっているかもしれません。しかしこのロマンス詐欺の場合は出会い系アプリやマッチングアプリをよく利用する若い層も被害にあっているのが現状です。

ロマンス詐欺(国際ロマンス詐欺)の特徴

ロマンス詐欺には5つの特徴があります。以下のような特徴が見られたら「ロマンス詐欺ではないか」と疑って警戒した方がいいでしょう。

1.マッチングアプリなどで出会った「外国人の異性」が詐欺の勧誘者

国際ロマンス詐欺とも呼ばれるように、詐欺の勧誘者は異性になります。マッチングアプリなどの異性との出会いを求める人が集まるところで詐欺のターゲットを探し、メッセージのやり取りで少しずつ仲を深めて投資に誘導するという流れです。

外国人の異性で非常によくあるパターンは中国人女性などアジア系女性です。他に欧米や西欧の女性というケースもあります。マッチングアプリなどで外国人の異性が近づいてきた場合は警戒した方が賢明です。

もちろん中には本当に親しくなりたいという気持ちで近づいてくるケースも皆無ではありません。ただ、ロマンス詐欺のきっかけがマッチングアプリなどの出会い系サービスであり、詐欺の勧誘をするのが外国人異性、特にアジア系が多いという特徴は知っておくべきです。

2.投資は最初の1回あるいは何度か利益を出させる

ロマンス詐欺で投資に誘導されると、最初の1回目の投資だけ、あるいは2-3回の投資は出金ができます。これはわざと出金をさせて被害者をより投資ののめり込ませると共に自分(外国人の異性)を信用させるためです。また、わざと出金をさせることにより、さらに資金を出させるためでもあります。

投資は、女性の指示に従ってやればほぼ100発100中で利益が出ます。投資が成功するのは、当然ですが絡繰りがあります。証券会社も同じ詐欺グループのメンバーなので、投資が成功しているように見せかけているだけです。本当の意味で投資が成功するわけではありません。

詐欺被害者側は、証券会社が詐欺グループの仲間だとは知りません。本当に投資に成功して利益が出たのだと思うわけです。

3.異性はこまめに連絡し投資をやめようとすると自分の存在を使う

マッチングアプリなどで出会った外国人異性は、投資に勧誘するまでの間かなりこまめに連絡を取ってきます。

連絡の内容も日常会話や家族のこと、恋愛のことなど、男女がよく話すような内容です。こまめにやり取りすることで少しずつ親密になる狙いで連絡してきます。いきなり投資の話をすれば怪しまれて終了です。投資の勧誘をするまえに、何度かやり取りするのが基本になります。

やり取りをしている中で少しずつお金や投資の話を出し、やり取りである程度親密になったら「投資やろうよ」という話になります。

また、投資をはじめた後に「もっと元手を増やそう」と都度、送金を持ちかけてきます。その際に送金をしり込みしたり、投資をやめたいなどの話になったりすると、「2人の将来のためにもお金を稼ごう!」「結婚資金を作ろう!」といって、恋愛や自分の存在などをちらつかせ投資を継続・元手を増額させようとするのが特徴です。

4.利益や元手を出金したいと思って連絡しても「できない」

利益が出ると自分の口座に送金したいと思うのではないでしょうか。また、元手をある程度増やした後に投資が怖くなったり、やめたくなったりするケースもあるはずです。このようなケースでは投資資金を自分の口座に出金してもらいます。

普通の証券会社であれば出金の手続きを取れば問題なくお金の送金や引き出しが可能です。しかし、ロマンス詐欺の証券会社は詐欺グループの一員なので、出金の依頼をしても、あの手この手で出金させません。「手続きがある」「税金がかかる」「手数料がかかる」「マネーロンダリングである」「当局からの指導が入った」など、のらりくらりと言い訳するのです。最初から出金させる気がありません。

5.投資会社や外国人異性とは連絡が取れなくなる

証券会社は言い訳や優柔不断な態度で出金させず、連絡を絶つのが基本的なパターンになります。連絡を絶たれると当然ですが出金はできなくなります。お金を持ち逃げされ、連絡も取れず終了という流れです。

あれだけこまめに連絡してきていた外国人異性とも連絡がつかなくなります。

ロマンス詐欺(国際ロマンス詐欺)の実態・被害急増の理由

ロマンス詐欺の被害は増加傾向にあります。日本は今までロマンス詐欺(国際ロマンス詐欺)の被害は少ない傾向にありました。なぜかというと、日本は「日本語」の国だからです。ロマンス詐欺で勧誘していても日本語の壁が立ちはだかっていました。日本では言語の壁もあり、思うようにロマンス詐欺で稼げなかったのです。

しかし、新型コロナの流行により状況が変わりました。新型コロナによる外出自粛により、マッチングアプリなどを活用して外出しない方法で出会いを求めるようになったのです。ネットを使った出会いを求めるようになったことにより、日本の男女をターゲットにしやすくなりました。

海外でもロマンス詐欺は増加しており、2016年と比較すると被害額は4倍になっています。

新型コロナによる自粛やネット利用の増加が詐欺被害に拍車をかけている状況です。

ロマンス詐欺(国際ロマンス詐欺)の被害に合わないための対処法

ロマンス詐欺を防ぐためにはマッチングアプリとは違うところで人との交流を求めればいいのではないかと思うかもしれません。実は、ロマンス詐欺のターゲット探しの場になっているのはマッチングアプリだけではないのです。ロマンス詐欺のきっかけなども含め、被害に合わないための対処法を説明します。

マッチングアプリで外国人異性からコンタクトが来たら注意する

マッチングアプリで外国人異性からコンタクトがあった場合は要注意です。もちろん、自分からコンタクトを取る際も慎重になる必要があります。

ロマンス詐欺で投資を勧誘するのは異性です。マッチングアプリはそもそも異性と出会うことが目的ですから、外国人女性がコンタクトを取ってきても不自然だとは思わないはずです。しかし、「外国人の異性が勧誘する」はロマンス詐欺の特徴のひとつになります。

Twitterなども詐欺のターゲット探しに使われていることを理解する

ロマンス詐欺のターゲット探しに使われるのはマッチングアプリだけではありません。TwitterなどのSNSがきっかけでロマンス詐欺の被害に合うケースもあります。

詐欺の被害に合う可能性があるのはマッチングアプリだけではないため、TwitterなどのSNSで声をかけられたときも慎重に見極める必要があるのです。怪しいと感じることや、お金や投資の話が出た場合は詐欺を疑ってコンタクトは控えましょう。

やり取りの中で投資やお金の話が出たら警戒する

外国人異性なので、日本語がかたことなケースもあります。しかし、それを除いても不自然な点がないか冷静にチェックしてください。

日常話をしているだけでは不自然は感じにくいかもしれません。しかし、世間話がやがて家族の話になり、投資の話になる。この流れで投資の流れが出てくるのは不自然ではなかったかよく考えてみてください。外国人異性は投資に誘導して最終的に財産を騙し取りたいわけですから、どこかの時点で勧誘を行います。

不自然なやり取りやメッセージ、投資への誘導がないか注意してください。また、不自然なメッセージや投資への誘導があった場合は詐欺を疑い、被害に合わないためにも相手とのコンタクトはやめましょう。

不安なときは冷静な第三者にロマンス詐欺かどうかの判断をゆだねる

ロマンス詐欺の被害者は相手が異性ということもあり、冷静に判断できないケースもあります。甘い言葉をかけられてすっかり心奪われ、あるいは信用し、言われるままに送金してしまう可能性があります。自分では判断が難しい状況になってしまうのです。

ロマンス詐欺の可能性がある場合は、専門家や信頼できる第三者に判断をゆだねるのもひとつの方法です。自分では判断が難しいわけですから、第三者に状況を話し、不審なポイントを指摘してもらいましょう。

第三者に相談しなくても、家族に送金用のお金の無心などをしたときに「それは詐欺だ」と指摘されることがあります。

第三者に指摘されたときは、送金前に踏みとどまってよく考えてみましょう。その第三者の言葉が信用できない場合は他の第三者にもセカンドオピニオン的に相談してみてください。

本人が途中で気づいて自分から回避することが一番のロマンス詐欺対策です。

ロマンス詐欺(国際ロマンス詐欺)に遭ったときの対処法

ロマンス詐欺にあったときはふたつの対処法が考えられます。

・警察などの機関に相談する

・専門家である弁護士に相談する

最後に

ロマンス詐欺とは外国人異性とのマッチングアプリなどによるコンタクトからはじまり、最終的に財産を奪われるタイプの詐欺です。

新型コロナの流行がロマンス詐欺の増加に拍車をかけています。SNSやマッチングアプリを利用する際は注意してください。そして、不自然な投資への勧誘などがある場合は自衛し、仮に被害に合ってしまった場合はすぐに弁護士へ相談してください。

FX投資詐欺の被害(お金)は取り戻せるのか?

では、既に投資詐欺に遭ってしまった場合には、どう対応したらよいのでしょうか。

お問い合わせ

    ■被害金額(送金金額)【必須】

    ※3000万円未満の場合は有料相談のみの案内になります。

    ■投資対象

    ■投資詐欺師への送金方法【必須】


    ※経緯をしっかり書いて頂いた方が当事務所からの連絡可能性が高くなります。
    ※多忙のため全ての問合対応や事前検討ができるとは限らない点はご予め了解ください。
    ※当事務所への依頼は成果を保証するものでは全くありません。
    ※投資詐欺の債権回収は通常の債権回収より難易度が高い点ご留意ください。

    ■弁護士相談料【必須】

    ※①を選択されますと相談料は5万円となりますので特に留意ください。
    ※多忙のため半分程度のご相談はお断りする前提での相談料体系にさせて頂いています。

    ■アンケート【必須】

     


    投資詐欺に関するご相談は、当事務所にいつにてもお問い合わせください。
    ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

    お問い合わせ・無料法律相談

    FX投資詐欺とは?見分け方・注意点・対処法!

    2021-07-01

    FX投資詐欺の被害が深刻化しています。

    金融庁なども注意喚起をしている他、大手の証券会社などのFX投資詐欺をはじめとした各種の投資系詐欺について注意する記事を掲載している状況です。ニュース媒体などでも実際の被害について報じられています。

    FX投資詐欺とはどのような詐欺なのでしょうか。また、FX投資詐欺かどうかを見分けるにはどのようなポイントをおさえておけばいいのでしょう。弁護士が注意点や対処法も合わせて解説します。

    FX投資詐欺とは?

    FXとは外国為替を使った投資のことです。簡単に説明すると外国為替の取引を使い利益を得るタイプの投資になります。FXとは「Foreign Exchange」の略です。

    FX投資は基本的にまずは口座開設し、口座へ入金を行い取引するという流れになります。FX投資詐欺は、投資家を、FX取引に誘い込み投資資金を騙し取るものです。

    簡単な事例で説明しましょう。

    FX投資詐欺の事例①

    新型コロナのため外出を控えていたAさんは、自宅でできる投資をはじめてみることにしました。目を付けたのはいろいろな国の為替を使ったFX投資です。

    しかし、どうすればよいのか分からないため、なかなかFX投資を開始できずにいました。ちょうどそのころ、FaceBookで友達申請があった女性がFX投資で稼いでいるという話が飛び出してきました。

    女性はアジアの国に住んでおり「親戚の叔父さんがFX投資のアドバイザーでありすごく稼いでいること」や「自分もおじさんに教えてもらったらかなりの利益が出ている」ことなどと話しました。そしてAさんに「2人の将来のためにもFX投資で一緒に成功しよう」と言うのです。

    Aさんは女性の勧めるFX会社にFX投資の口座を作りました。FX投資の成功のために必要だと言われたアプリも購入し、さっそく口座へ送金しました。女性から売り買いのタイミングを手取り足取り教えてもらいFX投資をしたら、100発100中で勝利し、かなりの利益が上がりました。女性からは「もっと稼いで2人ですむ住居を買おう」と説得され、どんどん投資資金を入金しています。

    Aさんはさすがに多額の利益が出たので一部出勤しようとしましたが、FX会社のカスタマーサポートに連絡してものらりくらりと言い訳し出金させません。最終的にFX会社のカスタマーサポートや女性とも連絡が取れなくなり、Aさんは困惑しています。

    FX投資詐欺の事例②

    新型コロナによる巣ごもりのせいで出会いがありません。感染防止のためBさんは外出も自粛していました。Bさんは出会いを求めてマッチングアプリに登録します。マッチングアプリで出会いを探していると、幸運にも海外美女と出会えました。アジアの国の出身だと美女は言いました。

    Bさんは女性と積極的にやり取りをし、やがて美女は交際や結婚などを匂わせるなど思わせぶりな態度を取るようになりました。Bさんがこの女性と親密になりたいと考えており、コンタクトも積極的に行っています。

    ある日、Bさんは女性から投資話を持ちかけられました。結婚や交際などを匂わせられ、Bさんはさっそく女性の指示に従って取引会社に口座開設します。口座開設後、女性の指示に従ってソフトの購入や入金なども行いました。

    Bさんは女性の指示に従って何度かFX投資を行いかなりの利益を出しました。せっかく利益を出したので口座から出金しようとすると、なぜか出金させてもらえません。まずは、FXの利益に対する税金を払わないと出金ができないということです。女性に「出金させてもらえない」という話をしましたが、女性も「私も税金を払ったら出金ができた」「だから、税金を払えばいいじゃない」と税金の支払いを勧めてきます。

    また、女性は「より利益を出すため」とさらなる入金を勧めてきます。Bさんが乗り気でないと、結婚や交際などを仄めかし、さらにFX投資にお金を出すように誘導するという流れです。

    やがてBさんは投資できる資金が乏しくなりFX投資をやめることにしました。資金を出金しようと思って手続きしましたが、やはり出金はできず女性とも音信不通になってしまいました。

    FX投資詐欺の特徴・見分け方

    FX投資詐欺を見分けるためには特徴を把握することが重要です。FX投資詐欺の特徴と見分け方について順を追って説明します。

    FX投資詐欺の特徴

    ふたつ紹介した事例の中に「強調している単語」があることに気づいたはずです。FX投資詐欺の特徴は、まさに強調している単語部分になります。

    特徴①出会い系アプリ・マッチングアプリ・FacebookやTwitterなどのSNSがきっかけ

    FX投資詐欺の入口になっているのは出会い系アプリやマッチングアプリ、TwitterやFacebookなどのSNSです。

    出会いを求めてマッチングアプリに登録し、コンタクトを取ってきた女性に恋愛関係や結婚などを仄めかされて投資をはじめるケースや、TwitterやSNSなどでコンタクトを取ってきた異性に勧誘を受けてはじめるケース、SNSで投資情報などを探しているときにFX投資詐欺の入口になっているアカウントに引っかかってしまうケースなどがあります。

    特徴②アジア系の美女にFX投資を勧誘され口座開設や入金の指示を受ける

    FX投資詐欺を持ちかけてくる人・入口になっている人としてよくあるのはアジア系の美女です。中国やシンガポールなどの美女がマッチングアプリやSNSなどでコンタクトを取ってきて、やり取りしているうちにFX投資を勧めてくるというケースがよくあります。稀に欧米系の美女のケースもあります。

    プロフィールは好きに書けます。また、画像も自分以外の人物写真などをアップロードできますから、プロフィールや画像は信用できません。プロフィールなどでは中国の美女でも、実際は男性であるなどプロフィールや写真と関係のない人物がSNSなどを運用しているケースも少なくないのです。

    FX投資詐欺では、アジア系の美女の指定したFX会社に口座を作り、指示により入金するという特徴もあります。

    詐欺をするためには詐欺加害者側に都合の良い会社でなければいけません。そのため、指示外の会社に口座を作ると基本的に怒られます。コンタクトを取っているうちに「私が指定する会社に口座を作ってね」と会社URLを送ってくるケースもあります。

    FX投資で儲けが出てくると、どんどん追加資金の入金を勧められ、多額の投資で多額の利益を出そうと積極的に勧めてくるのも特徴です。

    特徴③FX投資詐欺を成功させるためのアプリやソフトを購入させられる

    FX投資詐欺によくあるパターンで、投資に必要なアプリやソフトを購入させられるケースがあります。当然ですがこれらは詐欺のツールであり、FX投資にまったく役に立ちません。最終的にアプリやツールの購入代金も含めて詐欺被害になるという流れです。

    特徴④FX投資の利益や元本を出金させてもらえず連絡が取れなくなる

    FX投資詐欺には、入金した元手や利益を出金させてもらえないという特徴があります。

    普通の投資会社であれば入出金は投資する人の自由です。しかしFX投資詐欺の場合は入金した元手や利益を騙し取るわけですから、自由に出金させてもらえません。口座会社に連絡をすると、のらりくらりと言い訳をして出金させてもらえず、最終的に利益も元手も詐取されて終わりです。

    騙し取られたことに気づいて連絡を取ろうとしても、女性や会社は基本的に音信不通になります。

    FX投資詐欺の見分け方

    FX投資詐欺かどうかの見分け方は「特徴に当てはまっているか慎重にチェックすること」です。

    すべての特徴が当てはまるケースもあれば、いくつかの特徴しか当てはまらないケースもあります。FX投資詐欺の手口は多様化しているのが現状です。特徴の中にひとつでも当てはまるものがあれば「詐欺ではないか」と慎重になった方が無難です。

    FX投資詐欺が増えている理由

    FX投資詐欺は新型コロナ禍で被害が増加しています。理由は「自宅でできるから」です。

    新型コロナの流行により外出自粛し、多くの人は巣ごもりの状態になっています。そうすると当然ですが「自宅でできることをやってみよう」という話になります。また、出会いを求める人や他人との交流を求める人は「自宅でできることで交流しよう」と考えるわけです。

    自宅でできる交流や趣味の代表的なものがインターネットであり、マッチングアプリやSNSになります。マッチングアプリやSNSがFX投資詐欺の入口になっているため、新型コロナでより利用する頻度が高くなるとそれだけ被害者になる可能性も高くなるというわけです。

    また、インターネットは世界の国々とつながっていますから、海外の詐欺加害者にとって自国や遠い場所にいながら日本人をカモにできる絶好の猟場になっています

    FX投資詐欺か判断が難しいときの注意点

    FX投資詐欺かどうか自分で判断が難しい場合は弁護士に相談し、FX投資詐欺かどうかのアドバイスを受けることをおすすめします。家族には相談しにくいかもしれませんが、第三者の専門家・専門機関になら相談しやすいはずです。

    詐欺事件の相談を受けている弁護士には詐欺関係の情報が集まる傾向にあります。早い段階で相談すれば詐欺そのものに引っかかずに済みますので、見分け方に困ったら「相談」を徹底してください。

    新型コロナのこともありますので、気になったら一端女性の話に冷却期間を置く、あるいはやり取りをストップして専門家や専門機関に急ぎ相談したうえで判断してもいいでしょう。

    また、特徴に当てはまらなくても以下のようなケースは詐欺の可能性が高いので注意してください。

    ・投資の話でメリットや利益を強調する

    ・結婚や恋愛感情などを振りかざして投資を勧めてくる

    ・「必ず儲かる」「成功する」など、絶対に利益が出ると言う

    ・判断を急がせる

    ・アカウントにお金や預金口座残高などの画像、写真を使っている

    この他に、FX投資詐欺の勧誘アカウント・勧誘異性でよくあるのは「話がかみ合わない」というケースです。

    投資に勧誘できればどうでもいいのか、あるいは話をよく覚えていないのか、やり取りしていると「話がかみ合わないな」と感じることが少なくありません。

    話していることの辻褄が合っていないケースや、言っていることが二転三転しているケースなどもFX投資詐欺をはじめとした詐欺系のアカウント・勧誘だと思っていいでしょう。

    FX投資詐欺に合ったときの対処法

    FX投資詐欺に合った、あるいはFX投資詐欺に合いそうになっている(勧誘を受けている)ケースでは、早めに専門家や専門機関に相談することが対処法です。勧誘を行っているアカウントをブロックするなど、詐欺だと疑わしい時点で対処することも重要になります。「これ以上勧誘されないようにする」「被害を大きくしないようにする」ことが大切です。

    FX投資詐欺の被害(お金)は取り戻せるのか?

    では、既に投資詐欺に遭ってしまった場合には、どう対応したらよいのでしょうか。

    投資資金が日本に残っている可能性もある

    自分が詐欺にあったと分かっても、相手は中国人で、LINEなどでも英語や中国語や片言の日本語のやり取りをしていると、日本国外の詐欺に対応するハードルが高いと感じてあきらめてしまう人もいます。

    しかし、その中国人女性は本当に中国人で、海外に在住し、投資した資金も海外に流れていってしまったのでしょうか?

    たとえば、中国人女性によるFX詐欺では、日本の銀行口座に資金を振り込ませるケースが多いです。その資金を中国人が海外に持ち出し、現地で海外口座に入金してFXを行っていると見せかけています。このケースでは、投資資金は順調に増加しているように見えたとしても、実際には投資は行われておらず、投資が行われているように見えるのはその海外の仮想通貨(ビットコイン)やFXや金先物投資のプラットフォーム(証券会社のウェブサイト?)のみであり、実際には投資資金は出金しようとしても出金できない(お金が返ってこない)のが特徴です。その海外の仮想通貨(ビットコイン)やFXや金先物投資のプラットフォーム(証券会社のウェブサイト?)は、ダミーサイトなのです。

    このように、投資資金を日本の銀行口座に送金した場合、まだ資金が日本に残っている可能性が高いと思われます。詐欺集団が中国人女性を装っているだけで、実は日本人の集団というケースもあると思われます。また多くの場合、中国人女性であっても、国内に滞在していることも多いと思われます。

    仮に、投資資金が香港・シンガポールなどの海外に流出済みとしましょう。その場合でも、中国人女性が所属する証券会社の所在を突き止めることができることもあります。実際には、中国には資本規制があるため、資金が送金される可能性は低い傾向だと思われます。

    振込詐欺救済法による口座凍結も対応可能

    さらに、投資詐欺には、オレオレ詐欺などに適用される振込詐欺救済法を使用することができます。つまり、詐欺により資金を振り込んでしまった日本国内の銀行口座と凍結することができるのです。

    銀行口座凍結により、詐欺集団は口座から現金の引き出しなどができなくなるため、大きな圧力をかけることができます。その結果、資金を返金するよう詐欺集団とうまく交渉することも可能になります。

    振込詐欺救済法に関する簡単な解説動画を作成しましたので、こちらも参考にしてみてください。

    ※ なお、近時の傾向として、投資詐欺師も警戒しているようであり、速やかに銀行口座凍結を行わないと残高があまり残っていない傾向があるように思われますので、躊躇せず、速攻で銀行口座凍結を行うべきかと思われます。

    ※ 上記動画は撮影日現在の状況を解説したものであり、現状の状況は随時変動しており、現状の状況とはやや異なる可能性もあり、現状については弁護に相談の際に弁護士に直接お尋ねください。

    投資詐欺師「逆探知アプリ」を使用する!

    また、当事務所では、投資詐欺師の特性に鑑み、投資詐欺師「逆探知アプリ」を開発しました。これによりLINEの向こうに居る投資詐欺師の本体の個人情報にかなり迫ることができ、画期的なアプリであると自負しております。詳細はWebに掲載したり不特定多数の皆様に情報提供すると、投資詐欺師にも知られてしまう可能性がありますので、有料相談の皆様限定でご提供させて頂く予定です。

    まとめ

    新型コロナの巣ごもりにより「自宅でできること」に趣味などがシフトした結果、FX投資詐欺が増加しています。詐欺加害者にとって新型コロナ禍は被害者をつかまえやすい状況です。

    FX投資詐欺に合わないためには、怪しいアカウントに近づかないこと、そして詐欺の特徴が少しでも見えたらやり取りをやめることです。自分で判断が難しい場合は弁護士などの専門家や専門機関などに相談してください。

    被害にあったら速やかに詐欺の対応に慣れている弁護士に相談することも重要です。

    お問い合わせ

      ■被害金額(送金金額)【必須】

      ※3000万円未満の場合は有料相談のみの案内になります。

      ■投資対象

      ■投資詐欺師への送金方法【必須】


      ※経緯をしっかり書いて頂いた方が当事務所からの連絡可能性が高くなります。
      ※多忙のため全ての問合対応や事前検討ができるとは限らない点はご予め了解ください。
      ※当事務所への依頼は成果を保証するものでは全くありません。
      ※投資詐欺の債権回収は通常の債権回収より難易度が高い点ご留意ください。

      ■弁護士相談料【必須】

      ※①を選択されますと相談料は5万円となりますので特に留意ください。
      ※多忙のため半分程度のご相談はお断りする前提での相談料体系にさせて頂いています。

      ■アンケート【必須】

       


      投資詐欺に関するご相談は、当事務所にいつにてもお問い合わせください。
      ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

      お問い合わせ・無料法律相談

      出金できない詐欺にご用心!!

      2021-01-23

      世の中にはいろいろなタイプの詐欺があり、中には「出金できない」というタイプのものもあります。

      投資で利益を出しても出金できなければ利益はゼロです。投資で儲けても出金できないのは海外FXなどでよくあるパターンで、近年問題になっています。

      「出金できない詐欺」の手口や特徴、対処法について弁護士が解説します。

      出金できない詐欺とは?!

      「出金できない詐欺」とは「FXなどの投資で利益が出ても口座から出金できない」という詐欺のことです。

      投資で利益を得れば口座に入っている分は自由に出金できます。しかし、詐欺の場合は出金の依頼をかけても音沙汰ない、あるいは出金に応じてもらえず延々とお金を引き出せないのです。

      詐欺といえば振り込め詐欺などのお金を送金・入金させるタイプの印象が強いかもしれません。中には「一度入金したお金を引き出しさせない」「利益が出てもお金を引き出させない」というタイプの詐欺があるのです。このようなタイプの詐欺を総称して「出金できない詐欺」といいます。

      「出金できない詐欺」は海外FXなどの海外への投資で多いタイプの詐欺です。

      「出金できない詐欺」の手口と特徴

      「出金できない詐欺」の手口や特徴をもう少し詳しく説明します。

      「出金できない詐欺」の手口

      「出金できない詐欺」は主に勧誘や広告を通して海外投資へ誘導します。海外への投資を勧誘するネット広告などがよくあるパターンです。

      投資をするためには基本的に投資用口座が必要になります。業者の指示により海外用の取引口座・投資用口座などを作成し、そこに投資用の資金を入金するという流れです。

      証券会社で株式や投資信託を買った経験のある人は流れを理解しやすいのではないでしょうか。日本の証券会社などで投資をする場合も、証券会社に投資用の口座を作り、銀行などの預金から資金を投資用口座に入金して買い付けを行います。このような流れで把握すると理解しやすいはずです。

      買い付けた株式や投資信託で利益が出たり売却したりすると、投資した本人は自由に出金できます。

      たとえば最初に100万円入金して株式を買い、その株式を売って200万円になれば、株式の売却金・利益である200万円は自由に出金できるわけです。証券会社や投資会社側が理由をつけて出金できないことは基本的にあり得ません。

      しかし、「出金できない詐欺」の場合は違います。売却金や利益を、理由をつけて引き出させないのです。出金できないならと取引終了を申し出ると、最終的に会社や業者と連絡が取れなくなることもあります。

      「出金できない詐欺」はとにかく「お金を引き出させない」のです。

      「出金できない詐欺」の具体例

      「出金できない詐欺」への理解を深めるために具体例を説明します。

      広告を見て投資をはじめようと思った30代男性A氏がいたとします。A氏は投資で利益を出すために必要だといわれて投資用ソフトを30万円で購入しました。

      ソフト購入後は海外口座の開設を指示されました。口座開設後に資金を100万円入金して投資をはじめると、さっそく利益が出て130万円に増えたのです。さらに増やそうとA氏は追加で200万円入金しました。

      その後に順調に投資していましたが、やがて利益も含めて出金しようと考えます。A氏は投資会社に出金を申し入れましたが、あれこれ理由をつけて応じてもらえません。

      粘り強く出金をお願いすると最終的に投資会社は「残高状況を確認する」といいました。なかなか連絡がないのでA氏が連絡を取ると「残高はなかった」と会社側が答えたのを最後に音信不通になりました。A氏は最後まで出金できなかったのです。

      以上が「出金できない詐欺」の具体例になります。

      「出金できない詐欺」の特徴

      「出金できない詐欺」の特徴は6つあります。

      インターネットによる広告が多い

      「出金できない詐欺」の特徴として「ネット広告が多い」ことが挙げられます。ネットで「絶対に儲かる」「利益が出る」などと勧誘し、投資者を募るのです。

      詐欺の中には自宅に電話をかけてくるようなタイプやメールを送ってくるようなタイプもあります。「出金できない詐欺」の場合はネット広告が入り口になっているケースが多いということです。

      自動売買ソフトなどを購入させる

      「出金できない詐欺」のよくあるケースとして「申し込み者に自動売買ソフトを購入させる」ことが挙げられます。

      広告によりFXなどを申し込ませ、申し込んできた人にFXの自動売買ソフトを買わせるのです。これから投資をスタートするわけですから、申し込み者は「ソフトが必要なのか」「このソフトで利益が出るのか」と思い買ってしまいます。

      外国為替証拠金取引(海外FX取引)で多い

      「出金できない詐欺」は外国為替証拠金取引(海外FX取引)でよく起きています。海外に口座を作って海外FX投資をはじめると、最終的に出金できなくなるわけです。

      海外FXをはじめとして海外が関与する投資に「出金できない詐欺」が多いという特徴があります。

      海外取引口座の開設や入金を指示される

      「出金できない詐欺」の特徴には「海外取引口座の開設や入金を指示される」というものもあります。

      広告から投資を申し込んでソフトなどを購入した後、業者から「投資に必要なので海外取引口座を開設してください」と指示されるのです。申し込み者(詐欺の被害者)は投資をしたいわけですから、特に疑いもせず海外口座を開設してしまいます。

      海外口座を開設すると、次はその口座への入金などを指示されるという流れです。投資をするためには投資用の資金が必要ですから、もちろん申し込み者は疑わずに入金します。この後、実際に投資をして利益を出したか否かに関わらずお金を引き出せなくなるのです。

      海外口座の開設や入金指示は「出金できない詐欺」のよくある特徴になります。

      「出金できない詐欺」の被害者は30~50歳代が多い

      「出金できない詐欺」の被害者は30~50歳代が多いという特徴があります。投資を楽しめる年代や投資を積極的にしたい年代に被害が集中しているといえるでしょう。

      消費生活センターによると海外FXに関する相談件数は2012年以降に増加傾向にあるとのことです。2013年度の消費生活センターへの相談件数は132件で、そのうちの6割が30~50歳代になっているという特徴があります。

      海外が関係するので詐欺への対処が難しい

      「出金できない詐欺」は海外が関与するケースも多いため、日本国内の行政では対応が難しいのが特徴になります。日本国内の詐欺より対処が難しいのです。

      「出金できない詐欺」への対処法

      「出金できない詐欺」だと疑われるケースや申し込み後に詐欺だと気づいた場合は、弁護士や消費生活センターへと早めに相談することが重要です。

      弁護士や消費生活センターのところには詐欺の事例や情報も多く集まりますので、相談することで詐欺かどうかを判断できます。また、早めに相談することで詐欺被害を未然に食い止めることや被害の深刻化を防ぐことも可能なのです。

      「出金できない詐欺」だと疑わしいケースは、まず弁護士などに相談してください。そのうえで適切な対処法を講じることが重要です。

      振込詐欺救済法による口座凍結も対応可能

      さらに、投資詐欺には、オレオレ詐欺などに適用される振込詐欺救済法を使用することができます。つまり、詐欺により資金を振り込んでしまった日本国内の銀行口座と凍結することができるのです。

      銀行口座凍結により、詐欺集団は口座から現金の引き出しなどができなくなるため、大きな圧力をかけることができます。その結果、資金を返金するよう詐欺集団とうまく交渉することも可能になります。

      振込詐欺救済法に関する簡単な解説動画を作成しましたので、こちらも参考にしてみてください。

      弁護士に依頼することで、投資詐欺師の銀行口座を凍結することができる可能性が高くなります。投資詐欺に遭ったのはかなり前だから、投資詐欺師はその銀行口座から投資資金を引き抜いてしまっているから、「投資詐欺師の銀行口座を凍結しても無駄だよ!」と思うかもしれません。もちろんそういう可能性も相応にあると思いますが、投資詐欺師は多数の投資家を勧誘し、その銀行口座に投資資金を振り込ませていることもあると思われます。その場合、多額の投資資金が銀行口座に滞留している可能性があります。お金に色はありません。その投資資金を凍結してしまえばよいのです。当事務所が投資詐欺師の銀行口座を凍結した事例では、投資資金の6倍もの資金が投資詐欺師の銀行口座に滞留していましたこともあります。そのような場合、投資詐欺に対して、投資資金の返還を求めるだけではなく、慰謝料も請求することとなるでしょうし、請求するべきです。

      ※ なお、近時の傾向として、投資詐欺師も警戒しているようであり、速やかに銀行口座凍結を行わないと残高があまり残っていない傾向があるように思われますので、躊躇せず、速攻で銀行口座凍結を行うべきかと思われます。

      ※ 上記動画は撮影日現在の状況を解説したものであり、現状の状況は随時変動しており、現状の状況とはやや異なる可能性もあり、現状については弁護に相談の際に弁護士に直接お尋ねください。

      投資詐欺師「逆探知アプリ」を使用する!

      また、当事務所では、投資詐欺師の特性に鑑み、投資詐欺師「逆探知アプリ」を開発しました。これによりLINEの向こうに居る投資詐欺師の本体の個人情報にかなり迫ることができ、画期的なアプリであると自負しております。詳細はWebに掲載したり不特定多数の皆様に情報提供すると、投資詐欺師にも知られてしまう可能性がありますので、有料相談の皆様限定でご提供させて頂く予定です。

      最後に

      以上、「出金できない詐欺」について説明しました。

      近年、詐欺にはいろいろなパターンが登場しています。「出金できない詐欺」もそのひとつです。「出金できない詐欺」の特徴としては投資用ソフトを買わせたり、海外口座の開設を指示されたりすることが挙げられます。

      「「出金できない詐欺」ではないか」と思う場合は早めに弁護士などに相談し、適切な対処をすると共に被害の深刻化を防ぐことが重要です。怪しい場合はまず相談してください。

      ※ 現在、中国人女性投資詐欺のご相談が非常に多く、被害額が多額のものなど緊急性を要すると思われるものを除き、原則として有料相談のみ対応させて頂いております。

      お問い合わせ

      投資詐欺に関するご相談は、当事務所にいつにてもお問い合わせください。
      ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

        ■被害金額(送金金額)【必須】

        ※3000万円未満の場合は有料相談のみの案内になります。

        ■投資対象

        ■投資詐欺師への送金方法【必須】


        ※経緯をしっかり書いて頂いた方が当事務所からの連絡可能性が高くなります。
        ※多忙のため全ての問合対応や事前検討ができるとは限らない点はご予め了解ください。
        ※当事務所への依頼は成果を保証するものでは全くありません。
        ※投資詐欺の債権回収は通常の債権回収より難易度が高い点ご留意ください。

        ■弁護士相談料【必須】

        ※①を選択されますと相談料は5万円となりますので特に留意ください。
        ※多忙のため半分程度のご相談はお断りする前提での相談料体系にさせて頂いています。

        ■アンケート【必須】

         


        債権回収関連記事

        投資詐欺に関するご相談は、当事務所にいつにてもお問い合わせください。
        ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

        お問い合わせ・無料法律相談

        出金できない海外FX投資詐欺!!弁護士が投資資金を徹底回収!

        2021-01-01

        海外FX業者や海外仮想通貨取引所や海外貴金属取引所など、勧誘されて投資をして収益を上げたものの、いざ、出金しようとしたら出金することができない「出金できない海外FX詐欺」「出金できない詐欺」「出金できない詐欺業者」「出金拒否業者」「悪質出金拒否ブローカー」「海外FX詐欺」「口座凍結詐欺」が横行しています。

        これを「出金できない詐欺」「出金できない詐欺業者」「出金拒否業者」「悪質出金拒否ブローカー」「海外FX詐欺」「口座凍結詐欺」と言います。

        この投資詐欺の裏では中国人詐欺集団が暗躍している!!とも言われています。

        海外FX業者や海外仮想通貨取引所や海外貴金属取引所などを運営しているのは中国人(香港人やシンガポール人を含む?)と思われ、資金は海外に流出済みと諦めがちですが、このような投資詐欺についても全く回収不可能ということはなく、当事務所では投資資金の一定の回収に成功しています。

        この記事では、海外FX業者や海外仮想通貨取引所や海外貴金属取引所などの「出金できない海外FX詐欺」「出金できない詐欺」「出金できない詐欺業者」「出金拒否業者」「悪質出金拒否ブローカー」「海外FX詐欺」「口座凍結詐欺」の具体的な手口を紹介し、投資詐欺に遭ってしまった場合はどのように対応すればよいのかを解説します。

        1.出金できない海外FX詐欺(投資詐欺・海外FX業者)の手口

        ウェブサイトなどで海外FX業者や海外仮想通貨取引所や海外貴金属取引所などを発見し、自ら、口座開設をして投資を行う日本人投資家も多く存在します。

        また、マッチングアプリやFaceBookで、見ず知らずの中国人(香港人やシンガポール人を含む。たまに他の外国人のこともある)に勧誘され(特に女性(異性)の外国人からの勧誘であることが多いようです)、「FXや仮想通貨や金取引で儲かる」「親族又は叔父さんが共産党の幹部や金融当局関係者なので値動きを教えてもらえるので絶対に儲かる」と勧められ、その海外FX業者や海外仮想通貨取引所や海外貴金属取引所などに投資を行うことも多くなっています。

        2.投資に成功していざ出金しようとしたら出金できない!

        その海外FX業者や海外仮想通貨取引所や海外貴金属取引所などで取引を行い、それなりに収益を上げたとしても、いざ出金しようとしても出金できません。

        そもそも、取引を行っているその海外FX業者や海外仮想通貨取引所や海外貴金属取引所などのウェブサイトを見ても、「出金ボタン」がありません。どこをどう探してもないのです。MT4やMT5の画面にも出金ボタンが存在しません。

        カスタマーサポートがついている場合、カスタマーサポートに出金の問い合わせをしますが、のらりくらりして対応してもらえません。対応してもらえたとしても、出金手続きをしたはずが、なかなか自分の銀行口座に入金がされないのです。最終的に何カ月待っても入金はされません。

        取引を行っているその海外FX業者や海外仮想通貨取引所や海外貴金属取引所などのウェブサイトに「出金ボタン」があった場合でも、「出金ボタン」を押してもエラーになってしまいます。また、「出金ボタン」を押すことができても、何日も出金されないし、何カ月たっても出勤されません。中国人女性やカスタマーサポートに問い合わせても、知らぬ存ぜぬと言ってのらりくらり対応されてしまいます。

        また、取引を行っているその海外FX業者や海外仮想通貨取引所や海外貴金属取引所などのなかには、オペレーターから、「中国の税金を納めないと出金できない」「出金手数料を納めないと出金できない」などと言われてしまうことも多くなっています。また特に、その税金や手数料の額が非常に高額であり、とてもそのような多額の税金や手数料を追加送金などする気になれないような額であることが多くなっています。

        そもそも当事務所への相談事例では、そのような多額の税金や手数料を追加送金したのに、ぜんぜん出金がされない、何日も出金されないし、何カ月たっても出勤されません。中国人女性やカスタマーサポートに問い合わせても、知らぬ存ぜぬと言ってのらりくらり対応されてしまい、最終的には、LINEをブロックされてしまい連絡が取れなくなってしまったという事例も存在します。

        また、そのカスタマーサポートに、「投資で儲かっているのだから、出金の際に、投資資金の中から税金や手数料を控除すればいいじゃないか!!」と言っても、中国人女性やオペレーターは納得せず立て板に水の対応であり、のらりくらり対応されてしまい、最終的には、LINEをブロックされてしまい連絡が取れなくなってしまうことも多いようです。

        その他、本人確認書類が提出されていない、税務関連書類(マイナンバー)が提出されていない、投資や送金に不正があった、中国人民銀行からの指導で、などなど意味不明な根拠で、口座凍結されましたと言われることもあります。この場合、もちろん、出金もできなくなります。

        このように中国人女性や中国人詐欺集団は、投資に詳しくない日本人から資金を巻き上げることに集中しています。

        まさに「出金できない海外FX詐欺」「出金できない詐欺」「出金できない詐欺業者」「出金拒否業者」「悪質出金拒否ブローカー」「海外FX詐欺」「口座凍結詐欺」です。

        2.出金できない詐欺(投資詐欺・海外FX業者)に遭ってしまった場合

        では、出金できない海外FX詐欺に遭ってしまった場合には、どう対応したらよいのでしょうか。

        投資資金が日本に残っている可能性もある

        自分が詐欺に遭ったと分かっても、相手は中国人で、LINEなどでも英語や中国語や片言の日本語でのやり取りをしていると、日本国外の詐欺に対応するハードルが高いと感じて諦めてしまう人もいます。

        しかし、その中国人女性は本当に中国人で、海外に在住し、投資した資金も海外に流れていってしまったのでしょうか?その海外FX業者や海外仮想通貨取引所や海外貴金属取引所などは、本当に、海外に存在するのでしょうか。中国人女性や中国人詐欺集団が、日本国内で何かを行っていることはないのでしょうか。

        たとえば、中国人女性によるFX詐欺では、日本人投資家に、日本の銀行口座に資金を振り込ませるケースが多いのです。その資金を中国人が海外に持ち出し、現地で海外口座に入金してFXを行っているということになっています。

        しかし、その海外FX業者や海外仮想通貨取引所や海外貴金属取引所などに表示されているのは単なる数字であり、このように、日本の銀行口座を経由している場合、まだ資金が日本に残っている可能性が高いのです。

        詐欺集団が中国人女性を装っているだけで、実は日本人の集団というケースも考えられます(ほとんどが中国人詐欺集団と思われますが)。また多くの場合、中国人女性であっても、国内に滞在していることも多いかもしれません。

        いずれにしろ、日本人投資家が、日本の銀行口座に資金を振り込んだケースでは、その銀行口座に、まだ資金が残っている可能性もあるのです。

        当然、早ければ早いほどその銀行口座に投資資金が残っている可能性はあり、迅速な行動が良い結果を生むのです。

        また、ここは特に重要な点ですが、あなたの投資資金は既に中国人女性や中国人詐欺集団がATMから引き出しているかもしれませんが、その後に日本人投資家から入金された投資資金やその中国人の運転資金などがその銀行口座に残っている可能性があるのです。

        振込詐欺救済法による口座凍結も対応可能!

        特に、このような投資詐欺には、オレオレ詐欺などに適用される振込詐欺救済法を使用することができます。つまり、詐欺により資金を振り込んでしまった日本国内の銀行口座と凍結することができるのです。

        銀行口座凍結により、中国人女性や中国人詐欺集団は口座から現金の引き出しなどができなくなるため、大きな圧力をかけることができます。その結果、投資資金を返金するよう詐欺集団とうまく交渉することも可能になります。

        振込詐欺救済法に関する簡単な解説動画を作成しましたので、こちらも参考にしてみてください。

        他の被害者の投資資金を凍結してこちらに回収することも可能!

        弁護士に依頼することで、投資詐欺師の銀行口座を凍結することができる可能性が高くなります。投資詐欺に遭ったのはかなり前だから、投資詐欺師はその銀行口座から投資資金を引き抜いてしまっているから、「投資詐欺師の銀行口座を凍結しても無駄だよ!」と思うかもしれません。もちろんそういう可能性も相応にあると思いますが、投資詐欺師は多数の投資家を勧誘し、その銀行口座に投資資金を振り込ませていることもあると思われます。その場合、多額の投資資金が銀行口座に滞留している可能性があります。お金に色はありません。その投資資金を凍結してしまえばよいのです。当事務所が投資詐欺師の銀行口座を凍結した事例では、投資資金の6倍もの資金が投資詐欺師の銀行口座に滞留していましたこともあります。そのような場合、投資詐欺に対して、投資資金の返還を求めるだけではなく、慰謝料も請求することとなるでしょうし、請求するべきです。

        ※ なお、近時の傾向として、投資詐欺師も警戒しているようであり、速やかに銀行口座凍結を行わないと残高があまり残っていない傾向があるように思われますので、躊躇せず、速攻で銀行口座凍結を行うべきかと思われます。

        ※ 上記動画は撮影日現在の状況を解説したものであり、現状の状況は随時変動しており、現状の状況とはやや異なる可能性もあり、現状については弁護に相談の際に弁護士に直接お尋ねください。

        銀行口座凍結を急ぐ必要がある!

        また、最近では、当事務所に依頼しようかどうか迷っているその一瞬の間に、投資資金が引き出されてしまい、投資資金を補足できなかったと思われるケースが見られますので、迷っている場合ではないように思われます。その一瞬のために、非常にもったいない事態になってしまうのです。

        投資詐欺師「逆探知アプリ」を使用する!

        また、当事務所では、投資詐欺師の特性に鑑み、投資詐欺師「逆探知アプリ」を開発しました。これによりLINEの向こうに居る投資詐欺師の本体の個人情報にかなり迫ることができ、画期的なアプリであると自負しております。詳細はWebに掲載したり不特定多数の皆様に情報提供すると、投資詐欺師にも知られてしまう可能性がありますので、有料相談の皆様限定でご提供させて頂く予定です。

        まとめ

        海外FX業者や海外仮想通貨取引所や海外貴金属取引所など、実体の分からない取引を行わないことが最も重要ですが、もし被害を受けてしまった場合でも、投資資金が日本の銀行口座に残っていれば回収することができるかもしれません(当事務所では投資資金の一定の回収に成功しています(迅速な行動により投資資金のほとんどを回収できたと日本人投資家もいらっしゃいます))。

        いずれにしても、対応が遅くなるほど、中国人女性や中国人詐欺集団の銀行口座から資金が流出してしまいます。「出金できない海外FX詐欺」「出金できない詐欺(投資詐欺・海外FX業者)」「出金できない詐欺業者」「出金拒否業者」「悪質出金拒否ブローカー」「海外FX詐欺」「口座凍結詐欺」への対応は早ければ早いほど解決の可能性が高まるため、早急に専門家である弁護士に相談することが効果的です。

        また、その銀行口座には、その後に日本人投資家から入金された投資資金やその中国人の運転資金が残っている可能性もあり、対応が遅くなってしまったからと言っても、必ずしも悲観する必要もありません。

        ※ 現在、「出金できない海外FX詐欺」「出金できない詐欺(投資詐欺・海外FX業者)」「出金できない詐欺業者」「出金拒否業者」「悪質出金拒否ブローカー」「海外FX詐欺」「口座凍結詐欺」のご相談が非常に多く、被害額が多額のものなど緊急性を要すると思われるものを除き、原則として有料相談のみ対応させて頂いております。

        お問い合わせ

        投資詐欺に関するご相談は、当事務所にいつにてもお問い合わせください。
        ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

          ■被害金額(送金金額)【必須】

          ※3000万円未満の場合は有料相談のみの案内になります。

          ■投資対象

          ■投資詐欺師への送金方法【必須】


          ※経緯をしっかり書いて頂いた方が当事務所からの連絡可能性が高くなります。
          ※多忙のため全ての問合対応や事前検討ができるとは限らない点はご予め了解ください。
          ※当事務所への依頼は成果を保証するものでは全くありません。
          ※投資詐欺の債権回収は通常の債権回収より難易度が高い点ご留意ください。

          ■弁護士相談料【必須】

          ※①を選択されますと相談料は5万円となりますので特に留意ください。
          ※多忙のため半分程度のご相談はお断りする前提での相談料体系にさせて頂いています。

          ■アンケート【必須】

           


          債権回収関連記事

          投資詐欺に関するご相談は、当事務所にいつにてもお問い合わせください。
          ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

          お問い合わせ・無料法律相談

          中国人女性のマッチングアプリ投資詐欺【公式】!

          2020-07-11

          マッチングアプリで中国人女性とマッチングできた、うれしいと思ったのも束の間、少し仲良くなったところで、FXや仮想通貨、海外投資やそれ以外の金融商品などを日本人男性に購入させる投資詐欺が流行しています。

          これを「マッチングアプリ投資詐欺」とも言います。

          相手は中国人のため、資金は海外に流出済みと諦めがちですが、はたして資金は海外にあるのか疑うことが解決につながります。また、このような投資詐欺についても全く回収不可能ということはなく、当事務所では投資資金の一定の回収に成功しています(迅速な行動により投資資金のほとんどを回収できたと日本人投資家もいらっしゃいます)。

          この記事では、中国人女性によるマッチングアプリ投資詐欺の具体的な手口を紹介し、投資詐欺に遭ってしまった場合はどのように対応すればよいのかを解説します。

          1.中国人女性によるマッチングアプリ投資詐欺の手口

          Tinder(ティンダー)やペアーズなどのマッチングアプリ経由で中国人女性とマッチングし、仮想通貨などの金融商品を購入させられる投資詐欺は、次の手順で行われることが多いです。

          1.マッチングアプリで中国人女性から申し込み

          2.LINEやWeChatなどのIDを交換

          3.「仮想通貨で儲かった」とアピールされる

          4.「親族又は叔父さんが共産党の幹部や金融関係者なので絶対に儲かる!」とアピールされる

          5.「今がチャンス」「少額からOK」などと勧誘される

          1−1.マッチングアプリで中国人女性から申し込み

          Tinder(ティンダー)やペアーズなどのマッチングアプリや出会い系サイトなどで、中国人女性から「いいね」(申し込み)のアピールをされることがあります。写真を見るとかなりの美人で、しかも積極的に絡んできてくるため、日頃マッチングに苦労している男性は舞い上がってしまうのが現状です。

          プロフィールを見ると、証券アナリストや投資銀行勤務、投資家や実業家など、投資やビジネスに携わっていることが多いです。また、香港や上海に在住しているのに、Tinder(ティンダー)やペアーズに表示される自分との距離が日本並みに近いなど、明らかに怪しいケースもあります。

          1−2.LINEやWeChatなどのIDを交換

          マッチングアプリや出会いサイト内で何度かやり取りすると、早々にLINEやWeChatへの移動を提案されます。これは、アプリやサイト内では投資への勧誘が規約違反となるため通報を避けるのと、個人情報の入手が目的です。

          マッチングするだけなら大した問題にはなりませんが、LINEなどのID交換を提案されたときは、すぐには応じず様子をみるようにしましょう。アプリやサイト内でのやり取りで既に金融商品の話題が出ているときは、ID交換は危険です。

          1−3.「FXや仮想通貨で儲かった」とアピールされる

          LINEやWeChatなどに移動すると、ビットコインやFXで○万円儲かったという話を頻繁にされるようになります。証拠の画像を添付し、本当に儲かったとアピールしてきます。

          興味がないと返すと連絡が途絶える(LINEから退出される)こともありますが、話題を変えても巧みにFAXや仮想通貨の話に誘導するなど、時間をかけてくるケースもあります。

          1−4.「今がチャンス」「少額からOK」などと勧誘される

          投資に興味がないとはっきり言えない気の弱い人の場合、「あなたならできる」「投資に興味がある人が好き」「身内のおじさんが儲けているので聞いてあげる」「親族に共産党幹部がいるので良いタイミングをおしえてあげる」など、金融商品の購入を勧めてきます。投資や購入を迷わせないよう、「今がチャンス」「少額からOK」などと即座に購入させようとするのがポイントです。

          勧めてくる金融商品は様々です。たとえば、ビットコインの購入を勧めてくるときには、最初は仮想通貨の大手取引所への登録を勧めてきます。有名な取引所に登録するだけなら危険ではないと、警戒心を緩める人もいます。FXのばあいはたいていMT4をダウンロードさせて、お勧めの証券会社だと言って香港の証券会社らしいところで口座を開設させます。

          しかし、大手取引所に登録してビットコインを購入させたり、MT4によって架空の証券取引所に接続させたり、ビットコインを海外の取引所に送金させたり、海外の怪しい仮想通貨を購入させたり、関係者の口座と称して国内の銀行口座に投資資金を振り込ませたり、証券会社のオペレーターと称する女性を紹介されたり、その女性と一緒になって投資を勧誘したり、実際に取引を促して数字上は多少儲けさせたり、少し儲けさせたり信用させたりしたら次々と投資資金の上積みを進めてきたり、段階を踏んできます。絶対に金融商品への投資や購入に手を出さないようにしてください。

          1−5.いずれの場合も投資に失敗した形にして最終的には連絡が取れなくなる

          ただ、何に投資した場合も同じであり、実際には投資などされておらず、表示上の数字の変動にすぎず、コンピューターの画面上は、いずれの場合も、最後は、相場が逆に動いたり、システムがエラーを起こしたり、またはレバレッジをかけ過ぎたということとして、投資に失敗した形にして、「私も損をしている!」「うちのおじさんの言うとおりにやらないからだ!」「システム障害により投資に失敗したのだから仕方がない!」「親族の共産党幹部もたまには損をする」などなど、のらりくらり損失の責任を逃れながら、最終的には連絡が取れなくなり、その段階でようやく投資詐欺に気づく場合もあれば、その段階でも投資に失敗しただけだと思ってしまう可能性もあるという、投資に詳しくない日本人から資金を巻き上げることに集中しています。

          中国人女性の写真にまどわされない

          マッチングアプリや出会い系サイトでは、中国人女性の美しい写真を鵜呑みにして、「こんな綺麗な人が投資を勧めてくれている」と思い込んでしまいます。

          しかし、マッチングアプリで投資を勧めてくるアカウントは、実際には女性ではない可能性が高いです。プロフィールの写真で画像検索をすると、赤の他人の写真を無断使用していることもあります。ネットの向こうにいるのは美しい中国人女性ではなく、詐欺集団であると冷静に考えるようにしましょう。

          詐欺集団が、日本に入り込んでおり、日本国内からLINEと翻訳ソフトを使って投資詐欺を行っていることも多くなっています。もちろん、その詐欺集団は役割分担ができており、投資を勧誘する女性や証券会社のオペレーターの女性の役割の人物以外に、銀行口座を提供している中国人や日本人、銀行口座から資金を引き出す受け子など、高度な組織になっています。

          マッチングアプリによる投資詐欺は中国人女性だけではない

          マッチングアプリ経由で投資詐欺を持ちかけるのは、中国人女性だけではありません。元々、マッチングアプリや出会い系サイトで、日本人女性を利用して投資をもちかけるのは、昔ながらのオーソドックスな手法です。

          日本人女性の場合は、一対一で会う約束をしたのに、集団で表れてネズミ講やマルチ商法などを勧めてくるケースもあるので、同様に注意してください。

          2.中国人女性のマッチングアプリ投資詐欺に遭ってしまった場合

          では、既に投資詐欺に遭ってしまった場合には、どう対応したらよいのでしょうか。

          投資資金が日本に残っている可能性もある

          自分が詐欺にあったと分かっても、相手は中国人で、LINEなどでも英語のやり取りをしていると、日本国外の詐欺に対応するハードルが高いと感じてあきらめてしまう人もいます。

          しかし、その中国人女性は本当に中国人で、海外に在住し、投資した資金も海外に流れていってしまったのでしょうか?

          たとえば、中国人女性によるFX詐欺では、日本の銀行口座に資金を振り込ませるケースが多いです。その資金を中国人が海外に持ち出し、現地で海外口座に入金してFXを行っています。このケースでは、資金は順調に増加しているように見えるのですが、実際には資金を出金できない(お金が返ってこない)のが特徴です。

          このように、投資資金を日本の銀行口座に送金した場合、まだ資金が日本に残っている可能性が高いと思われます。詐欺集団が中国人女性を装っているだけで、実は日本人の集団というケースもあると思われます。また多くの場合、中国人女性であっても、国内に滞在していることも多いと思われます。

          振込詐欺救済法による口座凍結も対応可能

          さらに、投資詐欺には、オレオレ詐欺などに適用される振込詐欺救済法を使用することができます。つまり、詐欺により資金を振り込んでしまった日本国内の銀行口座と凍結することができるのです。

          銀行口座凍結により、詐欺集団は口座から現金の引き出しなどができなくなるため、大きな圧力をかけることができます。その結果、資金を返金するよう詐欺集団とうまく交渉することも可能になります。

          振込詐欺救済法に関する簡単な解説動画を作成しましたので、こちらも参考にしてみてください。

          他の被害者の投資資金を凍結してこちらに回収することも可能!

          弁護士に依頼することで、投資詐欺師の銀行口座を凍結することができる可能性が高くなります。投資詐欺に遭ったのはかなり前だから、投資詐欺師はその銀行口座から投資資金を引き抜いてしまっているから、「投資詐欺師の銀行口座を凍結しても無駄だよ!」と思うかもしれません。もちろんそういう可能性も相応にあると思いますが、投資詐欺師は多数の投資家を勧誘し、その銀行口座に投資資金を振り込ませていることもあると思われます。その場合、多額の投資資金が銀行口座に滞留している可能性があります。お金に色はありません。その投資資金を凍結してしまえばよいのです。当事務所が投資詐欺師の銀行口座を凍結した事例では、投資資金の6倍もの資金が投資詐欺師の銀行口座に滞留していましたこともあります。そのような場合、投資詐欺に対して、投資資金の返還を求めるだけではなく、慰謝料も請求することとなるでしょうし、請求するべきです。

          ※ なお、近時の傾向として、投資詐欺師も警戒しているようであり、速やかに銀行口座凍結を行わないと残高があまり残っていない傾向があるように思われますので、躊躇せず、速攻で銀行口座凍結を行うべきかと思われます。

          ※ 上記動画は撮影日現在の状況を解説したものであり、現状の状況は随時変動しており、現状の状況とはやや異なる可能性もあり、現状については弁護に相談の際に弁護士に直接お尋ねください。

          銀行口座凍結を急ぐ必要がある!

          また、最近では、当事務所に依頼しようかどうか迷っているその一瞬の間に、投資資金が引き出されてしまい、投資資金を補足できなかったと思われるケースが見られますので、迷っている場合ではないように思われます。その一瞬のために、非常にもったいない事態になってしまうのです。

          投資詐欺師「逆探知アプリ」を使用する!

          また、当事務所では、投資詐欺師の特性に鑑み、投資詐欺師「逆探知アプリ」を開発しました。これによりLINEの向こうに居る投資詐欺師の本体の個人情報にかなり迫ることができ、画期的なアプリであると自負しております。詳細はWebに掲載したり不特定多数の皆様に情報提供すると、投資詐欺師にも知られてしまう可能性がありますので、有料相談の皆様限定でご提供させて頂く予定です。

          まとめ

          中国人女性によるマッチングアプリ経由の投資詐欺は、恋愛を思わせる甘いやり取りのなかに、FXや仮想通貨などの金融商品が儲かるアピールを混ぜ込み、巧妙に投資を勧めてきます。

          このような投資詐欺にはひっかからないことが第一ですが、もし被害を受けてしまった場合でも、投資資金が日本の銀行口座に残っていれば回収ができるかもしれません。海外に資金が流出していても、中国人女性が所属する証券会社の所在を突き止めることができることもあります。

          いずれにしても、対応が遅くなるほど、投資詐欺師の銀行口座から資金が引き出されてしまいます。中国人女性によるマッチングアプリ投資詐欺への対応は早ければ早いほど解決の可能性が高まるため、早急に専門家である弁護士に相談することが効果的です。

          ※ 現在、中国人女性投資詐欺のご相談が非常に多く、被害額が多額のものなど緊急性を要すると思われるものを除き、原則として有料相談のみ対応させて頂いております。

          お問い合わせ

          投資詐欺に関するご相談は、当事務所にいつにてもお問い合わせください。
          ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

            ■被害金額(送金金額)【必須】

            ※3000万円未満の場合は有料相談のみの案内になります。

            ■投資対象

            ■投資詐欺師への送金方法【必須】


            ※経緯をしっかり書いて頂いた方が当事務所からの連絡可能性が高くなります。
            ※多忙のため全ての問合対応や事前検討ができるとは限らない点はご予め了解ください。
            ※当事務所への依頼は成果を保証するものでは全くありません。
            ※投資詐欺の債権回収は通常の債権回収より難易度が高い点ご留意ください。

            ■弁護士相談料【必須】

            ※①を選択されますと相談料は5万円となりますので特に留意ください。
            ※多忙のため半分程度のご相談はお断りする前提での相談料体系にさせて頂いています。

            ■アンケート【必須】

             


            債権回収関連記事

            投資詐欺に関するご相談は、当事務所にいつにてもお問い合わせください。
            ご不明な点等ございましたら、いつにてもお問い合わせいただけましたら幸いです。

            お問い合わせ・無料法律相談
            相談予約直通電話03-6435-8418はこちら!