手抜工事、不正請求、支払拒否など、諦める前に一度ご相談下さい。|弁護士法上M&A総合法律事務所|東京六本木|城山トラストタワー

ZoomやSkypeでの
ネット相談、電話相談も承っております!

下請業者・元請業者との
トラブルのご相談・お問い合わせはこちら

来訪・訪問どちらでもご相談可能です!

まずはお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させて頂きます。

お電話

03-6435-8418

電話をかける

受付時間 平日8:00-24:00(土日祝含む)

お問い合わせフォーム

このようなことでお困りではありませんか?

このようなことでお悩みなら
弁護士法人M&A総合法律事務所
ご相談ください。

元請け業者がお金を支払ってくれない!
このままでは資金繰りが悪化してしまう

元請業者との間に起こり得るトラブルのひとつに、「工事代金の未払い」があります。発注者が作成した設計図のとおりに工事したとしても、「追加工事の代金を支払ってもらえない」「理不尽なクレームをつけて代金の支払を拒否される」というケースも珍しくはありません。あるいは、発注者の業績が悪化していることを隠して、支払いを遅延・拒否している可能性もあります。

このようなトラブルによって工事代金の未払いが起きてしまうと、資金繰りに関わり材料費や人件費の支払いが困難になる、下請けへの支払いはしなければならないし、下請けへの支払いを止めれば次の工事でその下請けを使えなくなり、次の工事を受けられないという問題にも繫がります。 しかし、発注者に対してやみくもに請求を行うだけでは、相手方が主張を通しつづけて、代金を回収することが困難になるかもしれません。

工事代金の未払いは、時間がたてばたつほど回収率が下がります。 未払いの兆候がある場合や期限になっても支払いがされないときは、すぐに弁護士にご相談いただくことが、回収率をあげる最も重要なポイントです。

下請業者の工事ミスで欠陥が見つかった!
手抜工事のせいで損害が発生した!

「工事ミスによって欠陥等が見つかった」「下請業者の不適切な工事のせいで、損害が発生した」など、下請業者が行った工事が原因でトラブルが起こるケースがあります。
この場合は、瑕疵担保責任を下請業者に追及したいところですが、施主との関係において、その責任は元請業者が負うことが原則となります。 信じていた下請に裏切られた上に、発注者への対応も迫られ、さらにこれが複数の現場で起きていたら、社の命運にも関わります。

業者間において、下請業者へ責任を追及するためには、「瑕疵が起きた原因が下請業者によるもの」と判断できる証拠が求められます。 工事請負契約の契約書や工事内容、建築物の状態などを確認して、責任の所在が下請業者にあるかどうかを判断しなければなりません。

下請業者による瑕疵であるにも関わらず、相手方が認めない場合には、弁護士による交渉を検討しましょう。 建築業者が被った被害額などを考慮したうえで、下請業者に工事のやり直しや損害賠償請求など、しかるべき対応を取ることが可能です。

下請業者元請業者不法行為・不正行為から
会社を守る方法とは??

こんにちは、弁護士の土屋勝裕です。

 私はもともと当時の日本最大の法律事務所・弁護士事務所に所属し、企業法務を主たる業務とする弁護士でした。 当時は、大企業や銀行を顧客として、複雑で巨額の案件に毎日のように取り組んでいました。 その過程で、ペンシルバニア大学ウォートン校(M.B.A.)にも留学し、ファイナンス理論・企業価値評価・交渉理論を修得してきました。

 しかし、建設業界においては、法律や契約書で決まっていることなど、そっちのけで、無理強いをしてくる下請業者や元請業者が存在し、この平成の世が終わる今日においても、無法地帯のような弱肉強食の様相です。 弱肉強食というより、騙す・騙されるの関係か、ブラックな業者の勝ちという様相といったほうが良いかもしれません。 また、売掛金のサイトも長く、仕事が杜撰な場合、下請会社のみならず、元請会社や発注者ともトラブルになりかねないなど、トラブルの種が多く存在します。 下請会社のみならず、元請会社や発注者が、複雑な取引関係になり、詳細な取り決めもなく、多額の取引を行っている点は、非常に問題だと思っていました。

ZoomやSkypeでの
ネット相談、電話相談も承っております!

下請業者・元請業者との
トラブルのご相談・お問い合わせはこちら

来訪・訪問どちらでもご相談可能です!

まずはお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させて頂きます。

お電話

03-6435-8418

電話をかける

受付時間 平日8:00-24:00(土日祝含む)

お問い合わせフォーム

問題本質

以下のような状態に陥っている場合、もう下請業者や元請業者の問題を解決することはできない、 請負代金は払ってもらえないんだ!!巨額の損害は甘受しなければいけないのか!!なんだか全然もうからない!!、と思っていませんか。 そのようなことが当然だと思っているのであれば、今すぐその考えを捨てて下さい。 欺罔的・暴力的かつ不当な下請業者や元請業者の言っていることを真に受けてはいけません!!

当法律事務所の強み!!

ZoomやSkypeでの
ネット相談、電話相談も承っております!

下請業者・元請業者との
トラブルのご相談・お問い合わせはこちら

来訪・訪問どちらでもご相談可能です!

まずはお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させて頂きます。

お電話

03-6435-8418

電話をかける

受付時間 平日8:00-24:00(土日祝含む)

お問い合わせフォーム

建設会社工務店の方のために、弁護士ならこのような事ができます

ZoomやSkypeでの
ネット相談、電話相談も承っております!

下請業者・元請業者との
トラブルのご相談・お問い合わせはこちら

来訪・訪問どちらでもご相談可能です!

まずはお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させて頂きます。

お電話

03-6435-8418

電話をかける

受付時間 平日8:00-24:00(土日祝含む)

お問い合わせフォーム

弁護士法人M&A総合法律事務所だからできる

弁護士にご相談される場合、その弁護士事務所の得意な分野であるかをご確認ください。 弁護士事務所によって、得意とする分野が異なります。弁護士事務所であればどこでも同じではないのです。

弁護士法人M&A総合法律事務所は、建設業に関する事案を多く扱ってきており、悪質な手抜工事・不正請求・支払拒否・クレーム等の問題にも数多く対応してきました。 建設業界・工務店業界に精通した経験豊富な弁護士だからこそ会社を防衛できるのです。

よくあるご質問

貴法律事務所は、どうして、建設業界に詳しいのですか?

私の実家は土建屋であり、現在は、私の弟が社長として土建業をやっています。 私の小さい頃は、自宅まで、下請業者や出稼ぎ人扶が押し掛けてきたり、父親が売掛金の回収のため元請先に乗り込んでいったり、自治体から指名停止にされたり、いろいろありました。 私はそのような業界慣行は今どきではないと思ったため後を継ぎませんでしたが、現在の建設業界はその時ほど無茶苦茶ではありませんが、いまだにそれほど改善もしていません。 昭和のままなであり、これには非常に驚かされます。そのような余計なことにエネルギーを使うのではなく仕事をして、純粋に仕事で評価され、稼ぐことができると一番良いのですが。

弁護士費用は高くないですか?

当法律事務所・弁護士事務所の費用につきましては、当法律事務所・弁護士事務所の通常の費用体系(→こちら)のとおりです。 当法律事務所・弁護士事務所は、この費用体系で、建設業界の下請業者や元請業者の問題の費用のすべてをカバーしています。 通常の当法律事務所・弁護士事務所の費用とそれほど変わりは無いものと思います。

深夜や休日でも相談をすることができますか?

当法律事務所・弁護士事務所は、深夜や休日でも、弊事務所に弁護士が勤務している時間であればお電話いただいてご相談に応じることが可能です。 当法律事務所・弁護士事務所に弁護士が勤務していない時間の場合、下記の問い合わせフォームから連絡をいただければ、翌日早々にでもご連絡をさせて頂きます。

対応エリアを教えてください。

当法律事務所・弁護士シム所の対応エリアは、「日本全国」です。
ZoomやSkypeでのネット相談、電話相談も承っております。

ZoomやSkypeでの
ネット相談、電話相談も承っております!

下請業者・元請業者との
トラブルのご相談・お問い合わせはこちら

来訪・訪問どちらでもご相談可能です!

まずはお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させて頂きます。

お電話

03-6435-8418

電話をかける

受付時間 平日8:00-24:00(土日祝含む)

お問い合わせフォーム

日本全国対応可能

弁護士法人M&A総合法律事務所の弁護士が、北海道から沖縄まで日本全国
対応します。
まずはお気軽にご相談ください。

日本全国対応

電話・ネット相談可能

現在、コロナウイルス感染防止の観点から、電話相談、インターネット上でZoomなどの会議ソフトを使った相談も受け付けておりますので、お気軽にお問い合わせください。

ご来所の際にも
安心いただける
万全なコロナウイルス感染対策

弁護士法人M&A総合法律事務所では、新型コロナウイルス感染蔓延防止の観点において
様々な対策に取り組んでおりますので、安心してご相談頂けます。

弁護士法人M&A総合法律事務所では、ご相談者様の感染リスクを極限まで減らすために、非対面でご相談から解決まで一度もご来所頂く必要がございません。
対面で相談されたいという場合でも、万全な対策の上でご相談者様をお迎えしておりますので、どうぞご安心ください。

報酬の目安

報酬額は案件ごとに異なりますので、お話を伺ってからご案内させて頂いております。
目安報酬額については、弁護士法人M&A総合法律事務所のホームページの弁護士費用一覧ページをご覧ください。

ZoomやSkypeでの
ネット相談、電話相談も承っております!

下請業者・元請業者との
トラブルのご相談・お問い合わせはこちら

来訪・訪問どちらでもご相談可能です!

まずはお気軽にお問い合わせください。担当者よりご連絡させて頂きます。

お電話

03-6435-8418

電話をかける

受付時間 平日8:00-24:00(土日祝含む)

お問い合わせフォーム

弁護士法人
M&A総合法律事務所
について

弁護士法人 M&A総合法律事務所
〒105-6017 東京都港区虎ノ門4丁目3-1 森トラスト城山トラストタワー17階
代表弁護士 土屋勝裕(東京弁護士会25776)

弁護士法人
M&A総合法律事務所
までの道順

日比谷線神谷町駅で下車します。

虎ノ門方面改札を出ます。

4b出口から地上に出ます。

地上に出たら左折し、ホテルオークラの方に進みます。

城山トラストタワーに到着します。1階ホールに入って、警備員さんに身分証明書を提示して、17階までおあがりください。

城山トラストタワー外観

弁護士法人
M&A総合法律事務所会議室

弁護士法人M&A総合法律事務所会議室の目の前には東京タワーが見えます。

ご相談・お問い合わせフォーム

弁護士が親身に対応させて頂きます。
受領した情報の秘密は厳守いたしますので、安心してご相談ください。
毎日数件の相談が入っておりますので、ご相談は事前予約制とさせて頂きます。

お名前
会社名
所在地
メールアドレス
電話番号(携帯可)
ご相談内容
(1)下請業者が手抜工事をして損害が発生している。
(2)下請業者が発注していない工事の請負代金を請求してくる。
(3)下請業者が工事が完了していないのに請負代金を請求してくる。
(4)下請業者が元請先に乗り込み、請負代金を請求した。業務妨害。
(5)下請業者が架空工事の請負代金を請求してくる。
(6)下請業者が事務所に乗り込んできて、女性社員が怖がっている。
(7)元請業者が理由もなくなかなか支払ってくれない。
(8)元請業者がこちらのミスでもないのに減額を要求してくる。
(9)工事期限遅滞の遅延損害金が高すぎる。違法ではないか。
(10)従業員が外部の業者と結託し、架空請求をしていることが判明。
(11)辞めた従業員が会社の顧客を自分のものにしている
(12)辞めた従業員が不正行為を行っていたことが判明した。
被害金額(対象株式価格推定)
(1)1000万円未満
(2)1000万円以上3000万円未満
(3)3000万円以上1億円未満
(4)1億円以上3億円未満
(5)3億円以上10億円未満
(6)10億円以上
弁護士相談料
(1)最優先で全力で対応をお願いします(割増相談料5万円)
(2)土日祝日のお問い合わせの場合(割増相談料5万円)
(3)優先的に対応をお願いします(所定相談料3万円)
(4)15分無料相談(3000万円以上の場合のみ)
お問合せ詳細
アンケート
(1)貴弁護士法人へ依頼する意向である
(2)貴弁護士法人へ依頼する意向はない
(3)依頼するか否かはどちらともいえない