用語集:営業秘密

営業秘密とは

「営業秘密」とは、技術情報その他企業の保有するすべての秘密を含む概念であるが、不正競争防止法による保護を受けるためには、「①秘密として管理されている、②生産方法、販売方法その他の事業活動に有用な技術上または営業上の情報であって、③公然と知られていないもの」との要件を満たす必要がある。したがって、例えば、コンピューター上にパスワードなく社員が自由にアクセスできるデータとして保管されているような場合には、①の秘密管理性が否定されることから、当該情報は「営業秘密」には該当しないことになる。

「M&A用語集・留意点解説トップ」に戻る

⇒M&A会社売却をお悩みの方はこちら!