CATEGORY

M&A

  • 2024年3月29日
  • 2024年4月16日

法務デューデリジェンスとは?実施するタイミングや進める流れをわかりやすく解説 

M&Aを行うにあたって、買収対象企業を調査し、買収後のリスクを確認するデューデリジェンスが重要となります。  あらゆる側面から買収対象企業を調査する必要がありますが、その中でも法的観点からリスクを洗い出すのが「法務デューデリジェンス」です。  […]

  • 2024年3月29日
  • 2024年4月16日

ITデューデリジェンスとは?必要な理由や調査項目、実施までの流れをわかりやすく解説 

ITデューデリジェンスは、デューデリジェンスのうち、売り手企業のITに関するシステム・インフラ構成やシステム組織体制などを調査することを言います。  今回は、企業が行うM&Aの結果の成功か失敗かを決める、とても大切なプロセスであるデューデリジ […]

  • 2024年3月27日
  • 2024年4月16日

財務デューデリジェンスとは?必要な分析項目や、実施する流れ6ステップをわかりやすく解説 

M&Aにおいて、買収を検討している会社を本当に買収して大丈夫なのか、認識している会社としての価値に相違がないのか、買収することで、想定外のリスクが顕在化するようなことがないのか、契約前に十分に確認する必要があります。そのために欠かせない重要なプロセス […]

  • 2024年3月13日
  • 2024年4月16日

​​ビジネスデューデリジェンスとは?目的や種類、活用できるフレームワークと流れをわかりやすく解説 

ビジネスデューデリジェンスとは、買収先の将来性やシナジー効果を調査・分析するプロセスです。ビジネスデューデリジェンスを行うことで、精度が高い事業計画の策定などが可能となることから、最終的なM&Aの成否を分ける重要性の高いプロセスとして位置づけ […]

  • 2024年2月17日
  • 2024年3月7日

M&Aの買主が,被告らの表明保証義務違反により保育所を閉園せざるを得なくなって損害を被り,債務不履行に基づく損害賠償及び遅延損害金の支払を請求したが、原告の請求が全面的に棄却された事案。(東京地方裁判所判決/平成29年(ワ)第44186号)

1. M&A取引の概要 本件は、保育所経営等を行う原告のA株式会社が元代表取締役及び取締役である被告のB1・B2の間で株式譲渡契約を締結したことがきっかけです。取引内容は以下の通りです。   原告と被告らは,平成26年11月27日,以下の約定 […]

  • 2023年12月29日
  • 2024年1月12日

M&Aの成功を導くベストパートナーズ完全ガイド

M&Aベストパートナーズって何? M&Aベストパートナーズは、企業統合や買収を専門とするプロフェッショナルなコンサルティング会社です。あらゆる企業の成長戦略の一環としてM&Aを考える際に、信頼できる伴走者として必要なサポートを […]

  • 2023年11月30日
  • 2023年12月13日

ユニゾの破綻から見えるLBOを利用したM&Aの危険性

一般的にM&Aが原因で破綻する場合は、多額の資金を借り入れてM&Aをやり過ぎることにより金融債務の負担が膨らんで返済が不可能に至るケースが思い浮かびます。  しかし、このような破綻とは異なり、TOBを契機として防衛のためにMBO(Ma […]

  • 2023年11月26日
  • 2023年12月13日

名南M&A株式会社の魅力: 業務内容から評価までの全てを解説

 名南M&A株式会社とは 名南M&A株式会社とは、多数の中小企業を対象に、M&A(企業の合併・買収)を中心にした様々なコンサルティングサービスを提供している企業です。常に時代の変化を捉え、企業の成長と進化をサポートするという使 […]

  • 2023年11月26日
  • 2023年12月13日

ジャパンM&Aソリューション株式会社の実績と評判を完全解析

ジャパンM&Aソリューション株式会社とは ジャパンM&Aソリューション株式会社は、ビジネスの進化と成長を支えるために設立された日本の企業です。主に中小企業の経営者様に対し、企業の売却及び購入、さらには企業再生などの支援を行っています。 […]

  • 2023年11月25日
  • 2023年12月13日

株式譲渡契約において、被告が、原告の買収資金である銀行ローンが「被告が、株券等を持参して原告に提示すること、すなわち、被告が履行の提供をして同提供が継続することを必須の前提条件」となっていることをもって、「買収資金事前準備義務の履行がされていない」と主張し、一方的に株式譲渡契約を解除したことの可否が争われた事案(東京地方裁判所判決/平成30年(ワ)第29565号、令和元年(ワ)第12600号)

1. M&A取引の概要   本件は、原告が被告との間で締結した株式会社A1(以下「対象会社」という)及びそのグループ企業の株式を被告が原告に譲渡するとの契約に基づき、被告に対し、売買代金と引換えに、対象会社の株券等の書類の引渡しを求めるととも […]

  • 2023年11月22日
  • 2023年11月24日

M&A総合研究所の一部始終-業績から理解する業務内容と沿革

M&A総合研究所とは何か M&A総合研究所は、企業の経済的な価値を最大化するための手段としての合併・買収(M&A)に特化した専門機関です。M&Aとは、企業間における資本・組織の再編を指し、経済的な価値や成長力を増大させ […]

  • 2023年11月17日
  • 2023年11月24日

M&Aのやり過ぎによる破綻の実例~イセ食品グループの倒産

M&Aは短期間に事業を拡大することを可能にして業績を向上させることができるので、本来はとても効果的な経営手段です。   ところが、M&Aをやり過ぎることで会社が破綻してしまう危険性についてはあまり認識されていません。   しかし、現実 […]

  • 2023年11月16日
  • 2023年11月24日

M&Aの成功へ導く日本M&Aセンターの全貌

日本M&Aセンターとは? 日本M&Aセンターとは、企業の経営承継や企業再生をはじめとする企業の売買をサポートする総合的な機能を持った組織です。その活動は、企業の成長や経営の安定を目指し、企業全体が持つ価値を最大化するために様々な角度か […]

  • 2023年10月20日
  • 2023年11月7日

M&Aの買主が被告らに対し、適正情報開示義務違反があったとして会社法429条1項による損害賠償権に基づき損害賠償請求を請求した事案。(東京地方裁判所判決/平成30年(ワ)第39042号、平成31年(ワ)第2726号)  

M&A取引の概要   本件は、投資事業有限責任組合である原告が、その無限責任組合員であるA1株式会社(以下、「A1社」という)がB1株式会社(以下、「B1社」という)の事業を取得することを目的としてその親会社であるC1株式会社(以下、「C1社 […]

  • 2023年10月20日
  • 2023年11月7日

M&A取引の売主が、違法な会計処理をしていたにもかかわらず、買主を欺罔し株式の価値を誤信させたとして、損害賠償を求めた事案(東京地方裁判所判決/平成31年(ワ)第792号、令和元年(ワ)第35243号) 

 M&A取引の概要  本件本訴は、被告との間で、被告からA株式会社(以下「A」という。)の発行済み全株式(以下「本件対象株式」という。)を49億円で購入する契約(以下「本件株式売買契約」という。)を締結した原告が、Aの子会社である株式会社B( […]

  • 2023年9月26日
  • 2024年3月3日

取締役が正当な理由で解任となるケースとは?解任のリスクやトラブルを起こさないためのポイントを解説

取締役を解任したいものの、損害請求賠償を起こされるリスクを考えて二の足を踏んでいる会社は少なくありません。そもそも損害賠償請求を避けて取締役を解任するためには、正当な理由が求められます。つまり、正当な理由なく解任すれば、法的な手段に訴えられる可能性が […]

  • 2023年9月23日
  • 2024年3月3日

さくら薬局グループの例に見る過剰なM&Aと経営破綻の危険性

 調剤薬局のM&Aが盛んになった背景 調剤薬局のM&Aは20年以上前から盛んに行われるようになっています。   さくら薬局グループがM&Aに積極的に取り組んだのも、その時代の流れに沿ったものでした。   結果として破綻してしま […]

  • 2023年9月21日
  • 2024年3月3日

M&A取引の売主が、会社が保有する著作権等に関する事実が真実かつ正確であることを表明保証したにもかかわらず、それに違反したとして補償金の支払いを求めた事案(東京地方裁判所判決/平成31年(ワ)第3100号)

M&A取引の概要  本件は、原告が、一人会社であるA株式会社の株主であった被告との間で、被告の保有する同社の株式の全部を譲り受ける旨の契約を締結したところ、被告が上記契約に定められた表明保証条項に違反したことにより損害を受けたと主張して、被告 […]

>お気軽にお問い合わせください!!

お気軽にお問い合わせください!!

M&A相談・株式譲渡契約書・事業譲渡契約書・会社分割契約書・デューデリジェンスDD・表明保証違反・損害賠償請求・M&A裁判訴訟紛争トラブル対応に特化した弁護士法人M&A総合法律事務所が、全力でご協力いたします!!

CTR IMG